FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本人選手のファイナル出場条件
クランプリシリーズもNHK杯を残すだけとなりました。こんなに盛り上がってるの日本だけじゃないかなと思いつつ、日本人選手のファイナル出場条件を考えて見ました。

現在のポイントランキング(カップオブロシア杯終了後)
★印はファイナル進出確定

★安藤美姫→28p
★ジュリアセバスチャン→28p
★キムヨナ→26p
★サラマイヤー→24p
ジョワニーロシェット→24p
キミマイズナー→24p
村主章枝→13p
中野友加里→13p
浅田真央→11p
マイヤーは、4位と1位、ロシェットは1位と4位、マイズナーは2位と3位
の24ポイント。
同ポイントの場合は、最高順位の高い方なので、マイズナーはNG。
同最高順位の場合は、合計得点の高い方なので、マイヤー(328.18)、ロシェット(325.38)でマイヤーがファイナル進出確定。
残り2枠を、村主・中野選手は2位以上、浅田真央選手は1位がファイナル出場の条件となる。
仮に、村主・中野選手のどちらか1位、浅田真央選手が2位、村主・中野選手のどちらか3位なんてことになると、1位になった選手とロシェット選手がファイナル出場となる。


ポイントランキング(カップオブロシア終了後)
男子シングル
★ブライアンジュベール→30p
★エヴァンライサチェック→28p
アルバンプロオベール→24p
ジョニーウィアー→24p
織田信成→15p
ステファンランビエール→15p
高橋大輔→13p
ケビンヴァンダルフェレン→9P
織田選手、ランビエール選手は4位までに入ればいいので、ほぼ確定。
プロオベールとウィアーは2位と3位の24Pで、合計得点はプロオベールが424.39、ウィアーが394.98。
高橋選手のファイナル出場条件。
2位以上で確定。
3位の場合、ケビンヴァンダルフェレンが1位の時、プロオベール選手の合計424.39を越え216.18を取らなければならない。
ケビン選手が2位以下ならば、ウィアー選手の394.98を超え、186.77を取らなければならない。
実際には、ケビンヴァンダルフェレンが1位を取るとは考えにくいので、2位以上が3位でウィアーの得点を上回ることが条件になりそう。

追記
ランビエール選手、NHK杯欠場みたいですね。
そうなると、ほぼ高橋選手もファイナル出場決まりですね。
プロオベール、ウィアーもほぼ決まり。
それにしてもNHK杯、男子も女子も、日本人対決なんてちょっと拍子ぬけ。せっかくNHKが放送するのにね。

ポイント
1位ー15p 2位ー13p 3位ー11p 4位ー9p 
5位ー 7p  6位ー 5p 7位ー 4p 8位ー3p
ファイナル出場
2試合のポイント合計数の上位6人
同ポイントの場合は、最高順位の高い方。
同ポイント・同順位の場合は、合計の得点の高い方。
同ポイント・同順位・同合計得点の場合は、1試合の得点の高い方。
それも同じなら、フリーの得点の高い方。
スポンサーサイト
page top
NHK杯 テレビ放送予定
あっという間にGPシリーズも第6戦・NHK杯です。
放送予定の紹介。

12/29(水) 総合 22:45~23:00 NHK杯直前みどころ情報
12/ 1(金) BS-hi 16:00~18:59 NHK杯アイスダンスOD 女子SP(Live)
12/ 1(金) 総合 17:10~18:00 NHK杯アイスダンスOD(録画)
12/ 1(金) 総合 19:30~20:43 NHK杯女子SP(録画)
12/ 1(金) BS-hi 21:00~22:00 NHK杯ペアFP(録画)
12/ 2(土) BS-hi 15:00~18:59 NHK杯男子SP アイスダンスFD 女子SP(Live)
12/ 2(土) 総合 17:00~17:59 NHK杯男子SP アイスダンスFD(録画+Live)
12/ 2(土) 総合 19:30~20:43 NHK杯女子FP(録画)
12/ 3(日) BS-hi 13:00~18:00 NHK杯男子FP Exhibition(Live)
12/ 3(日) 総合 17:00~17:59 NHK杯男子FP(Live+録画)
12/ 3(日) 総合 21:50~22:34 NHK杯エキシビション(Live+録画)

必ず番組表でご確認ください。番組HPコチラ

page top
エリック杯 EX 使用曲 追加。
エリックボンパール エキシビション 使用曲2曲判明、追加です。
結構探している人いるようなので。

Maria PETROVA / Alexei TIKHONOV(ペトロワ&ティホノフ)
(EX)Ave Maria (G. Caccini)
カッチーニのアヴェマリア、モダンアレンジ。
「Aria 2: New Horizons」 より
試聴できるサイト→sample1

Brian Joubert(ブライアンジュベール)
(EX)Armonia by Sebastien Damiani
セバスチャンダミアーニ作曲、アルモニア。
試聴できるサイト→sampe1
ジャケットがジュベールなんだけど、もしかして新たに発売?エキシビジョンの生演奏そのままです。
page top
カップオブロシア FP 音楽紹介
SP同様、ほとんど既出ですが、Cup of Russiaのフリー音楽紹介です。

Johnny WEIR(ジョニーウィアー)
Child of Nazareth by Maxime Rodriguez
試聴できるサイト→sample1
accueil→Ecouterをクリック。

Brian JOUBERT(ブライアンジュベール)
Enter Sandman by Appocalyptica plays Metallica
The Unforgiven by Appocalyptica plays Metallica
Nothing Else Matters by Appocalyptica plays Metallica
O Verona from Romeo and Juliet soundtrack by various composers

Apcalypticaの「Plays Metallica by Four Cellos 」より
"The Unforgiven""Creeping Death "
試聴できるサイト→sample1
「Inquisition Symphony」より"Nothing Else Matters "
試聴できるサイト→sample2「William Shakespeare's Romeo + Juliet: Music From The Motion Picture, Volume 2 (1996 Version) 」より"O Verona"
試聴できるサイト→sample3
ISUのバイオに"Enter Sandman "とあるけど、" Creeping Death "だと思います。
聞き比べてみて。Enter Sandman Creeping Death
リンクはYouTube


Ilia KLIMKIN(イリアクリムキン)
The Mask (soundtrack) by Jose Norman
試聴できるサイト→sample1


Sarah MEIER(サラマイヤー)
Pride and Prejudice (soundtrack) by Dario Marianell 試聴できるサイト→sample1
Kikujiro (soundtrack) by Joe Hisaishi"The Rain"
試聴できるサイト→sample2

Julia SEBESTYEN(ジュリアセバスチャン)
Otonal by Raul di Blasio Raul DiBlasio
試聴できるサイト→sample1

Elena SOKOLOVA(エレーナソコロワ)
Notre-Dame de Paris (soundtrack) by Luc Plamondon, Richard Cocciante
試聴できるサイト→sample1
Romeo and Juliet (Musical) by Gerard Presgurvic
" Le Bal 1"" Le Bal 2"ほか。
試聴できるサイト→sample1

Aki SAWADA(澤田亜紀)
Paint it Black by The Rolling Stones
試聴できるサイト→sample1 sample2

Yoshie ONDA(恩田美栄)
The Red Violin (soundtrack) by John Corigliano
試聴できるサイト→sample1




page top
カップオブロシア SP使用曲
もうほとんど、紹介して曲ばかりですが、カップオブロシアのSPで使用された曲の紹介です。

Emanuel SANDHU(エマニエルサンデュ)
Pantera en Liberta by Monica Naranjo
試聴できるサイト→sample1 「Dance with me」よりsample2Mambo by Wanyne
不明。

Johnny WEIR(ジョニーウィアー)
King of Chess by Silent Nick
"Palladio "
視聴できるサイト→sample1

Ryo SHIBATA(柴田領)
Hana's Eyes by Tonci Huljic
maksim「Piano Player」"Hana's Eyes"
試聴できるサイト→sample1

Brian JOUBERT(ブライアンジュベール)
James Bond Die Another Day (soundtrack)
試聴できるサイト→sample1

Yoshie ONDA(恩田美栄)
Haru no Umi by Miyagi Kiyoko
視聴できるサイト→sample1

Julia SEBESTYEN(ジュリアセバスチャン)
(SP)Serenade by Franz Schubert
シューベルトのセレナーデ。
Csilla Szentpeteri「Uzenet(message)」"Schubert:szerenad"
試聴できるサイト→sample1

Aki SAWADA(澤田亜紀)
Blues in the Night
LOUIS ARMSTRONG
試聴できるサイト→sample1

Sarah MEIER(サラマイヤー)
Concerto de Aranjuez by J. Rodrigo
試聴できるサイト→sample1

Elena SOKOLOVA(エレーナソコロワ)
Turandot by Giacomo Puccini試聴できるサイト→sample1
試聴はハバロッティのもの。

Alissa CZISNY(アリッサシズニー)
Prelude & Quadukka by Jesse Cook
「Nomad」より"Prelude""Quadukka"
視聴できるサイト→sample1







page top
カップ オブ チャイナ EX 使用曲
今更ですが、Cup of China エキシビションの音楽紹介です。
民放で放送されなかったので、テレ朝チャンネルの放送待ちでした。

Kensuke Nakaniwa(中庭健介)
(EX)Kissing you from Romeo and Juliet soundtrack
試聴できるサイト→sample1

Emily HUGHES(エミリーヒューズ)
(EX)Proud Mary by Tina Turner
「Proud Mary」より"Proud Mary""Sweet Rhode Island Red"
試聴できるサイト→sample1sample2

Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ホフロワ&ノビスキー)
(EX)Simarik by Tarkan邦題"Chu!Chu!は恋の合言葉" 邦題すごいタイトルですね。
試聴できるサイト→sample1
曲名をクリック。

Emanuel SANDHU(エマニエルサンデュ)
(EX)Ave Maria by J.S Bach performed by Thomas Hampson
試聴できるサイト→sample1(8曲目)

Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(サブチェンコ&ソルコピー)
(EX)Somewhere from musical West Side Story by Benstein
試聴できるサイト→sample1

Yukari Nakano(中野友加里)
(EX)Claudia
Maksim「The Piano Player」の"Claudine"
マキシムのアルバムには他にも"Claudine"という同じ曲がありますが、このアルバム収録のものだと思います。
試聴できるサイト→sample1

Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(ベルビン&アゴスト)
(EX)Salsa,Let's Get Loud
試聴できるサイト→sample1
終盤の"Let's Get Loud"by Jennifer Lopez だけ。
前半2曲は不明。

Sergei DAVYDOV(セルゲイダビドフ)
(EX)Pirates of the Caribbean by Badelt Klaus
試聴できるサイト→sample1

Qing PANG / Jian TONG(ホウセイ&トウケン)
(EX)Adagio by Albinoni
不明。

Julia SEBESTYEN(ジュリアセバスチャン)
(EX)Take My Breath Away by Jessica Simpson試聴できるサイト→sample1

Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ドムニナ&シャバリン)
(EX)Song from a Secret Garden
アルバム「Song from a Secret Garden」の"Adagio"
"Song from a Secret Garden"という曲もあるけどこれは違う。
試聴できるサイト→sample1

Evan LYSACEK(エヴァンライサチェック)
(EX)Forever Young by Youth Group
試聴できるサイト→sample1

Xue SHEN / Hongbo ZHAO(シンセツ&チョウコウ)
(EX)My Way performed by The Three Tenors
試聴できるサイト→sample1

page top
エリック杯 エキシビション 音楽ネタ
エリックボンパール杯のエキシビション、音楽紹介。
ジュベールのエキシ気合入ってましたが、曲名等不明。情報あったらお願いします。

Joannie ROCHETTE(ジョワニーロシェット)
(EX)Vole by Celine Dion(French version)
英題"Fly"。
試聴できるサイト→sample1

Kimmie Meissner(キミマイスナー)
(EX)Unwritten by Natasha Bedingfield
「Unwritten」より"Unwritten"
試聴できるサイト→sample1sample2

Albena DENKOVA / Maxim STAVISKI(デンコワ&スタビスキー)
(EX)You're Beautiful by James Blunt
試聴できるサイト→sample1

Rena INOUE & John BALDWIN(井上&ボードウィン)
(EX)Mandy by Barry Manilow
邦題「悲しみのマンディ」
試聴できるサイト→sample1

Alban PREAUBERT(アルバンプロオビエール)(アルバンプロベール?)
(EX)Brice de Nice 邦題「ニースのブリス」のサントラ。
試聴できるサイト→sample1

Kim Yu-na(キムユナ)
Reflection from MULAN(soundtrack) songs byChristina Aguilera
「MULAN」のサントラより"Reflection"
試聴できるサイト→sample1

Maria PETROVA / Alexei TIKHONOV(ペトロワ&ティホノフ)
(EX)Ave Maria (G. Caccini)カッチーニのアヴェマリアということはわかった。
でも誰のアレンジかわからない。
トリノのエキシビションで使用した曲。
とりあえず、カッチーニのアベマリアだけ紹介。
試聴できるサイト→sample1  sample2

Miki Ando(安藤美姫)
(EX)I Beleive(English version) by AYAKA日本語バージョンのアの紹介だけ。コチラ

Brian Joubert(ブライアンジュベール)
生演奏でのエキシビションでした。
オリジナルなのか情報が足りません。たぶんこれはこの先も不明。


 
page top
ジャイアンツファンフェスタ2006 桑田真澄
今日は、「ジャイアンツファンフェスタ2006」が行われました。私は、G+で観戦です。普段ファンフェスタや感謝デーなどには全く興味のない私ですが、今回は別。巨人・桑田真澄のユニフォーム姿の見納めです。
私は巨人ファンというわけではなく、完全な桑田ファン。巨人のユニフォームを着ている桑田さんには固執しないど、それでもやっぱりちょっと感傷にふけっちゃった。

退団セレモニーでの桑田さんの挨拶。
「今日限りで、21年間共に歩んできた18番にお別れすることになりました。球団関係者、歴代監督、コーチ、チームメイト、裏方さん、大勢のライバルたち、そしていつも心から応援してくださったファンの皆様、沢山の人たちに支えられながら、全力で自分自身と戦い、このエースナンバーを守ってきました。
18番桑田真澄、18番桑田真澄の野球は心の野球です。
今はただ、感謝を…感謝の気持ちしかありません。
さようなら、そして21年間本当にありがとうございました」

時折、言葉を詰まらせながらの挨拶でした。

桑田真澄選手には思い入れ有りすぎて、語りつくせないほどです。
同じ日、西武松坂投手が、ファン感謝の集いで同じく18番のユニフォームを脱ぎました。
片や周囲の大きな期待を背負ってのメジャー入り。
片や皆に"通用しない""絶対無理"と言われてのメジャー挑戦。
でも二人の18番が夢に向かって歩き出した時。

メジャーは桑田さんの長年の夢。
以前、桑田さんは目標に向かって努力するのが好きだと。
次の目標はメジャー入り、ピッチャーをすること、先発をすること、200勝すること。目標に向かって精進し、努力し、考え、練習する。
そういう桑田さんの姿勢を私はとても美しいと感じます。

巨人・桑田真澄さん、ありがとう。
野球選手・桑田真澄さん、いってらっしゃい。





page top
ファイナル出場予想(女子シングル)
今度は女子シングルの予想。

ポイント
1位ー15p 2位ー13p 3位ー11p 4位ー9p 
5位ー 7p  6位ー 5p 7位ー 4p 8位ー3p

ファイナル出場
2試合のポイント合計数の上位6人
同ポイントの場合は、最高順位の高い方。
同ポイント・同順位の場合は、合計の得点の高い方。
同ポイント・同順位・同合計得点の場合は、1試合の得点の高い方。
それも同じなら、フリーの得点の高い方。

現在のポイントランキング(エリック杯終了後)
安藤美姫→28p(2試合)
キムヨナ→26p(2試合)
ジョワニーロシェット→24p(2試合)
キミマイズナー→24p(2試合)
エミリーヒューズ→18p(2試合)
ジュリアセバスチャン(COR)→15p
村主章枝(NHK)→13p
中野友加里(NHK)→13p
浅田真央(NHK)→11p
サラマイヤー(COR)→9p
アリッサシズニー(COR)→9p

女子シングルもボーダーラインは24pぐらいだと思う。
仮にCup of Russiaでマイヤーかシズニーが優勝(2人は優勝しないとダメ)、セバスチャンが4位までに入るとすると、NHK杯はコストナー、ゲデバニシビリの欠場で、実質日本人対決なので、浅田真央選手は優勝しないとダメ。村主、中野選手は2位以上、3位だと最高順位で負ける。3人が2位までには入れないので、浅田、村主、中野で誰か一人は確実に落ちることに。

ということはファイナル出場予想は、
安藤美姫
キムヨナ
浅田真央(NHK杯1位と予想)
村主章枝(NHK杯2位と予想)
ジョワニーロシェット
サラマイヤー(COR優勝、セバスチャン4位と予想)

となりました。セバスチャンが3位になる可能性は十分あるけど、ここ近年ノーミスのプログラムを見たことないし、シズニーかマイヤー、村主か中野で悩むとこですが、こんな予想してみました。
個人的には中野選手ファイナル出場して欲しいのですが、中国大会フリーの点数の低さが気になります。



page top
ファイナル出場予想(男子シングル)
GPシリーズも4大会を終え、そろそろファイナル出場の予想を立てよう。
とりあえず男子シングル。

ポイント
1位ー15p 2位ー13p 3位ー11p 4位ー9p 
5位ー 7p  6位ー 5p 7位ー 4p 8位ー3p

ファイナル出場
2試合のポイント合計数の上位6人
同ポイントの場合は、最高順位の高い方。
同ポイント・同順位の場合は、合計の得点の高い方。
同ポイント・同順位・同合計得点の場合は、1試合の得点の高い方。
それも同じなら、フリーの得点の高い方。

ポイントランキング(エリック杯終了後)
男子シングル
エヴァンライサチェック→28p(2試合)
アルバンプロオベール→24p(2試合)
セルゲイダビドフ→20p(2試合)
織田信成(NHK)→15p
ステファンランビエール(NHK)→15p
ブライアンジュベール(COR)→15p
高橋大輔(NHK)→13p
ジョニーウィアー(COR)→11p
エマニエルサンデュ(COR)→11p
セルゲイドーヴィン(COR)→11p

ボーダーラインは24pぐらいかな。ということでダビドフはNG。
織田選手、ランビエール選手、ジュベール選手は4位でもOKなので、ほぼ決まりかな?これで4人なので、あと2枠。
ウィアー、サンデュ、ドーヴィンはロシア杯出場なので、1位取ったらほぼ決まり。2位なら最低でもプロオベールの212.67を上回ること。それと高橋選手の結果待ち。
高橋選手は1位か2位なら決まり。3位ならプロオベールの212.67を上回ること。(ロシア杯の結果次第ですが)

ということで、ファイナル出場の予想としては、
ライサチェック(決定)
織田信成
ランビエール
ジュベール
高橋大輔
アルバンプロオベール





page top
テレビ朝日の放送 愚痴です。
フィギュアスケートの人気が出て、アイスショーまで民放で見れるようになった。コンペの映像もも1ヶ月も待っていた頃に比べればいい時代になったとも言える。
だから、愚痴は言うまいと思ってたけど、でも。

愚痴は見苦しいので続きを読むに入れときます。
つづきを表示
page top
Happy Birthday Tomita
今日(もう昨日だけど)は、冨田選手の26歳の誕生日。
益々のご活躍を期待します。
20061121-00000022-spnavi-spo-view-000.jpg


写真→スポーツナビより
記事→スポーツナビ
page top
エリック(TEB)杯 女子SP FP音楽
Yu-Na KIM(キムヨナ)(キムユナ)
(SP)Tango de Roxane from Moulin Rouge (soundtrack)
視聴できるサイト→sample1
(FP)The Lark Ascending by Vaughan Williams
試聴できるサイト→sample1

Joannie ROCHETTE(ジョワニーロシェット)
(SP)Little Wing by Jimmy Hendrix
試聴できるサイト→sample1
Don Juan by Felix Gray
試聴できるサイトがないので。アルバムの紹介→コチラ
試聴できるサイト→sample1


Susanna PヨYKIヨ(スザンナポイキオ)
(SP)One by Apocalyptica
「Inquisition Symphony」より"one"
視聴できるサイト→sample1
(FP)Munich (soundtrack) by John Williams
試聴できるサイト→sample1

Kimmie MEISSNER USA(キミマイズナー)
(SP)Snowstorm
まだわからない。一応候補
判ったよ。
Georgy Sviridovのアルバム「Snow-Storm」より"Romance"
アルバムの紹介→コチラ
試聴できるサイト→sample1
(FP)Galicie Flamenco(by Farruca)「Passion & Soul」の "Galicia Flamenca" だと思う。
試聴できるサイト→sample1 sample2 sample3  sample4

Valentina MARCHEI(バレンティナマルケイ)
(SP)L' Arlesienne by G. Bizet
試聴できるサイト→sample1(Disk4-7)
Carmen by G. Bizet
試聴できるサイト→sample1(FP) Adios Nonino by Astor Piazzolla
試聴できるサイト→sample1sample2
曲名もアーティスト名もあってるけど使用された曲とは思えないんだよね。同タイトルのアルバム名もいっぱいあるので、もしかしたらアルバムの中のどれかかも。

Anne Sophie CALVEZ(アンヌソフィカルベス)
(SP)Fever by Peggy Lee試聴できるサイト→sample1
(FP)Moulin Rouge (soundtrack) by Jose Feliciano「Moulin Rouge 2 」より"Bolero"
視聴できるサイト→sample1

Nadege BOBILLIER(ナデージュボリビエ)
Legende d'Automne
英題「Legends Of The Fall」サントラより(未確認)
試聴できるサイト→sample1
La Lecon de Piano
邦題「ピアノレッスン」サントラより
"The Heart Asks Pleasure First"他。
試聴できるサイト→sample1






page top
衣装のネタ
Mao 02新しいプログラムを初めてみるとき、プログラムの内容はもちろんのこと、使用する音楽や衣装も楽しみの一つですよね。
浅田真央さんが伊藤みどりさんの衣装を頂いたというのは有名な話ですね。

                  右画像は、2005年Jr.Worldの時の衣装→

                                      (from skate canada site)

Mdori 01  こちらは伊藤みどりさん。
  画像はプリンスアイスワールドの時のものだと思う。
  当時伊藤さんは31,2歳くらいかな。
  同じ衣装でも、着る人やその人の年齢によって
  ずいぶん印象がかわりますね。


(from fujitv site)

Midori 01 Mao 01  こんなのもあります。
  左が伊藤みどりさん。
  右が浅田真央さん。(from Kids web)
  (当時12歳?)
  真央さんはこの年の全日本選手権で3-3-3の
  コンボを披露。
  (本当は回転不足のような気がしますが)

20061118000347.jpg    他にも2005年の名古屋フィギュアスケートフェスティバル
    のパンツ姿の衣装(右画像)も、みどりさんから
    頂いたものですね。
    (みどりさんの画像がありませんが)
    そういえば、カルメンのオレンジの衣装は麻衣さんが
    作って着なかったものを貰ったとか。

    天才から天才へ衣装も受け継がれるってなんかいいですね。





page top
カップオブチャイナ 男子 音楽ネタ
Cup of China、男子シングルSP・FPの使用された音楽、まとめて。
今回は、不明なものも多かった。

Evan LYSACEK(エヴァンライサチェック)
(SP)Passion from The Last Temptation of Christ by Peter Gabriel

試聴できるサイト→sample1
(FP)Carmen Suite by Georges Bizet
Carmen by Rodion Shchedrin
試聴できるサイト→sample1
試聴できるサイト→sample2


Sergei DAVYDOV(セルゲイダヴィドフ)
(SP)Hymn to the Moon by Evgenia Monolides
この曲がどうしても見つけられない。手がかりもなし。
TorinoやWorldと同じ曲なんだけど、昨シーズンは「Evgenia by Monolides」紹介されていた。分かってるのはこれだけ。
(FP)Don Quixote by Leon Minkus
試聴できるサイト→sample1

Scott SMITH(スコットスミス)
(FP)Romeo and Juliet (soundtrack) by various composers

サントラより、「O.Verona」「Gas station Scene」「Kissing you」など。(この3曲が入っているのは分かった)
試聴できるサイト→sample1

Kensuke NAKANIWA(中庭健介)
(SP)Concerto de Aranjuez by Rodrigo
お馴染みのアランフェス、Adagio。
試聴できるサイト→sample1FP)Slow Dance in the Big City
試聴できるサイトがみつけられないので、アルバムの紹介コチラ

Yannick PONSERO(ヤニックポンセロ)
(FP)Da Vinci Code (soundtrack) - Remix by Maxime Rodriguez

試聴できるサイト→sample1
(試聴はHans Zimmerのサントラのもの)
スケートカナダでは、SPのみの放送であまり感じなかったのですが、ポンセロの滑りいいですよね。ジャンプの成功率さえあがれば、素敵なプログラム滑ってくれそうな人です。

Ryo SHIBATA(柴田領)
(SP)Hana's Eyes by Tonci Huljic
マキシムなんだコレ。
試聴できるサイト→sample1(FP)Adios Nonino by Astor Piazzolla
試聴できるサイト→sample1

Emanuel SANDHU(エマニエルサンデュ)
(SP)Pantera en Liberta by Monica Naranjo
試聴できるサイト→sample1
Mambo by Wanyne
こっちの曲がわからない。

3位に入ったのに、サンデュのFPの放送無しですか。

page top
カップオブチャイナ 女子FP 音楽
Cup of China(カップオブチャイナ)、女子フリーで使われた曲の紹介です。
余談ですが、男子SPのセルゲイダビドフ演技が放送されてよかった。昨日のBS放送では、1位なのに放送なしかよとちょっと、テレビ朝日の選択を疑ったので。

Elena SOKOLOVA(エレーナソコロワ)
Notre-Dame de Paris (soundtrack) by Luc Plamondon, Richard Cocciante
試聴できるサイト→sample1
Romeo and Juliet (Musical) by Gerard Presgurvic

Mai ASADA(浅田舞)
Swan Lake by P. I. Tchaikovski

試聴できるサイト→sample1

Binshu XU(キョヒンシュ)
Mulan (soundtrack) by Matthew Wilder and Jerry Goldsmith

「MULAN」試聴できるサイト→sample1


Yukari NAKANO(中野友加里)
Cinderella by Sergei Prokofiev

試聴できるサイト→sample1

Julia SEBESTYEN(ジュリアセバスチャン)
Otonal by Raul di Blasio Raul DiBlasio

2年前にジョニーウィアーがフリーで使った曲。
試聴できるサイト→sample1

Emily HUGHES(エミリーヒューズ)
Sylvia by Leo Delibes

試聴できるサイト→sample1

Aki SAWADA(澤田亜紀)
Paint it Black by The Rolling Stones

ローリングストーンズの名曲。2年くらい前に村主さんがショートで使ったことがあります。
試聴できるサイト→sample1
実際に使われた曲は、オリジナルよりもっとスローテンポ。
こんな感じ→sample2

page top
第60回 全日本体操選手権
今日は、全日本体操選手権の個人総合決勝の放送がありました。
冨田選手、全日本3連覇おめでとうございます。
冨田選手は5度目の優勝。

でも、団体や種目別の放送がない。
怪我から復活した米田選手の映像が全くない。
冨田選手の連覇を阻止した唯一の人なのに。
体操は人気ないのかな。日本強いのに。

冨田洋之選手は、今日は安定した演技、着地も決まってました。
ただ、得意の鉄棒、コールマンで落下。予選でも落下したみたい。
跳馬はドリックスという技に変えて来ました。
得意の平行棒はすばらしい出来。吊り輪もピタッと倒立が決まってました。(ヤマワキのあとはちょっと揺れてた?かな)
床、あん馬はダイジェストしか放送なかったのでよくわからなかった。


NHKさん、体操をもっといっぱい放送してください。
CSなどもほとんど放送ないので、NHKだけが頼り。
ついでにフィギュアスケートも民放から取り返して。
page top
Cup of China  女子SPの音楽ネタ
Cup of China(カップオブチャイナ)の女子SPの音楽の紹介です。
12人中、11人放送された分です。

Binshu XU(キョ ヒンシュ)
Lee Loo's Tune by Maksim Mrvica

マキシムのアルバム「Variations Parts 1 & 2」より、"LeeLoos"リールースのテーマ。
試聴できるサイト→sample1

Julia SEBESTYEN (ジュリアセバスチャン)
Serenade by by Franz Schubert

シューベルトのセレナーデ。
Csilla Szentpéteri のアルバム「Uzenet(message)」より "Schubert:Szerenád"
試聴できるサイトがないのでアルバムの紹介コチラ

Emily HUGHES (エミリーヒューズ)
Carmen by G. Bizet

おなじみの曲です。
試聴できるサイト→sample1

Dan FANG(ホウ タン?)
Romeo and Juliet by Peter I. Tchaikovski

チャイコフスキーということなので。
試聴できるサイト→sample1
ニーノロータの「Love Theme」かと思った。
試聴できるサイト→sample1sample2(MIDI)

Roxana LUCA(ロクサナ ルカ)
Dance and Doo Doo Stains

不明です。

Chae-Hwa KIM(キム ジェンファ)
La Cumparsita

Geraldo Hernan Matos Rodriguez (ヘラルド・エルナン・マトス・ロドリゲス)の名曲。
試聴できるサイト→sample1

Mai ASADA(浅田舞)
Oblivion played byLucia Micarelli

試聴できるサイト→sample1
Libertango by Bond 
試聴できるサイト→sample2

Yukari NAKANO(中野友加里)
Memories of a Geisha (soundtrack) by John Williams

サユリのサントラから。
試聴できるサイト→sample1
確かコストナーもこの曲では?


Elena SOKOLOVA(エレーナソコロワ)
Turandot by Giacomo Puccini

おなじみのトゥーランドット。
試聴できるサイト→sample1
試聴はハバロッティのもの。

Aki SAWADA(澤田亜紀)
Blues in the Night

LOUIS ARMSTRONGの作品?
試聴できるサイト→sample1

page top
スケートカナダ EX  Music List
Skate Canada(スケートカナダ)のエキシビションに使用された曲の紹介です。BS朝日で紹介された分だけです。

Shawn SAWYER(ショーンソーヤー)
It's My Life by Bon Jovi

試聴できるサイト→sample1

Kim Yu-na(キムユナ)
MULAN(soundtrack)

「MULAN」試聴できるサイト→sample1
「MULANⅡ」試聴できるサイト→sample1
どっちかからだと思うけど、確かめる気力がない。

Daisuke Takahasi(高橋大輔)
Moulin Rouge (soundtrack)
"El Tango De Roxanne(ロクサーヌ) "ですね。
視聴できるサイト→sample1

Rena INOUE & John BALDWIN(井上&ボードウィン)
Mandy by Barry Manilow

邦題「悲しみのマンディ」
試聴できるサイト→sample1

Fumie Suguri(村主章枝)
The Girl from Ipanema(A Garota de Ipanema)

この曲は沢山の人がカバーしてるから。
Stan Getz&Joao Gilberto のが一番有力な気がする。
試聴できるサイト→sample1
他にも→sample2

Tessa VIRTUE / Scott MOIR(バーチュ&モイヤー)
Black Magic Woman(作詞作曲 Peter Green)by Santana

試聴できるサイト→sample1 

Stephane Lambiel(ステファンランビエール)
Dralion by the Cirque du Soleil

試聴できるサイト→sample1


Dan ZHANG / Hao ZHANG
小提琴協奏曲「梁山泊与祝英台」

京劇の古典みたいですね。
試聴できるサイトがないのでアルバムの紹介コチラ
でもこのアルバムからではないと思う。
追記
Vanessa Maeのアルバム「China Girl 」にこの曲があります。
英題"Butterfly Lovers Violin Concerto "
試聴できるサイト→sample1

Joannie ROCHETTE(ジョワニーロシェット)
Vole by Celine Dion(French version)

English versionの題が"Fly"です。
試聴できるサイト→sample1
確かフランス語バージョンだったよね。

Marie-France DUBREUIL / Patrice LAUZON
NE ME QUITTE PAS (DON'T LEAVE ME)

邦題「行かないで」Jacques Brel の作品。
試聴できるサイト→sample1(Disc1-20)




 


       


page top
スケートカナダ 女子FP 音楽ネタ
今日は、スケートカナダ 女子FPで使用された音楽の紹介です。

Yoshie ONDA(恩田美栄)
The Red Violin (soundtrack) by John Corigliano
試聴できるサイト→sample1

Fumie SUGURI(村主章枝)
Song of the Spirits by Karl Jenkins
Adiemusのアルバム「Adiemus 2 Cantata Mundi 」より
試聴できるサイト→sample1
Iacus Pereverantiae by Karl JenkinsISUのバイオからですが間違ってますね。"Iacus Pereverantiae "じゃなくて"Lacus Pereverantiae (Lake of Perseverance) "ですね。
カールジェンキンズのソロアルバム「Imagined Oceans 」より
試聴できるサイト→sample1
Fantasia by Karl Jenkins
不明です。→どうもオリジナルみたい。
      ロンドンでジェンキンズ氏と会い、編曲と終盤のオリジナル曲を依頼したとか。


Yu-Na KIM(キムヨナ)(キムユナ)
The Lark Ascending by Vaughan Williams
試聴できるサイト→sample1

Joannie ROCHETTE(ジョワニーロシェット)
Don Juan by Felix Gray
試聴できるサイトがないので。
アルバムの紹介→コチラ
試聴できるサイト→sample1
9曲目?

Alissa CZISNY(アリッサシズニー)
Excerpts from Sabrina (soundtrack) by John Williams「麗しのサブリナ」より
試聴できるサイト→sample1

Susanna PヨYKIヨ(スザンナポイキオ)
Munich (soundtrack) by John Williams試聴できるサイト→sample1


放送されなかったスケーターの音楽です。
ISUのバイオを参考にしています。
Mira LEUNG
Terracotta Warriors (soundtrack)
試聴できるサイトがないので映画の紹介コチラ

Binshu XU
Mulan (soundtrack) by Matthew Wilder and Jerry Goldsmith

Lesley HAWKER
I'll Be Seeing You
誰のかわからないので不明。
Hymn to the Fallen by John Williams
映画「SAVING PRIVATE RYAN(プライベートライアン)」より
試聴できるサイト→sample1

Alisa DREI
Warsaw Concerto by Richard Addinsel
試聴できるサイト→sample1

Tugba KARADEMIR
Naqoyqatsi (soundtrack) by Philip Glass
試聴できるサイト→sample1

Katy TAYLOR
Theme and Variations by P. I. Tchaikovski
試聴できるサイト→sample1
page top
スケートカナダ 男子FP 音楽ネタ
スケートカナダ 男子フリーで使用された音楽の紹介です。

Stephane LAMBIEL(ステファン ランビエール) SUI  公式HP
(FP)The Four Seasons by Antonio Vivaldi
去年と同じプログラム、新しいの間に合わなかったみたいですね。
新しいプログラムは、次のNHK杯で見せてくれる予定らしい(間に合えば)ちなみに新しいプログラムはモダンフラメンコみたいです。
             ↓コチラ
(FP)"Poeta" by Vicente Amigo - choreographed by Antonio Najarro
試聴できるサイト→sample1

Daisuke TAKAHASHI(高橋大輔) JPN
(FP)Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
試聴できるサイト→sample1
サラブライトマンにもありますね。sample2

Shawn SAWYER(ショーンソーヤー) CAN 公式HP
(FP)Moments in Love by Art of Noise
試聴できるサイト→sample1

Johnny WEIR(ジョニーウィアー) USA 公式HP
(FP)Child of Nazareth by Maxime Rodriguez
マキシムロドリゲスのサイトでフルコーラス試聴できます。
試聴できるサイト→sample1
accueil→Ecouterをクリック。

その他放送されなかった男子FPの使用曲。
聞いていないので、確定はしていません。ISUのバイオを参考にしています。
Vaughn CHIPEUR CAN
(FP)Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
お馴染みの曲ですね。高橋君も今年はこの曲。
試聴できるサイト→sample1

Marc Andre CRAIG CAN
(FP)Who's That Creepin'? (from Jumpin' Jack soundtrack) by Scotty Morris
Jumpin'Jackのサントラではないけど、Big Bad Voodoo Daddy「This Beautiful Life 」より
試聴できるサイト→sample1
The Rise and Fall of the Great Mondella by E. Nichols and M. Dorame
Royal Crown Revue「Mugzy's Move 」より
試聴できるサイト→sample1
Summertime performed by Maynard Ferguson Sextet 1967
うーん、コレかな?→sample1
Tomas VERNER CZE 公式HP
(FP)Lesium・Funoamentum from Mystic Spirit Voices by Lesium
「Mystic Spirit Voices」より"Lessiem"と"Funoamentum"
試聴できるサイト→sample1

Yannick PONSERO FRA 公式HP
(FP)Da Vinci Code (soundtrack) - Remix by Maxime Rodriguez
「ダヴィンチコード」のサントラ。
試聴できるサイト→sample1

Sergei VORONOV RUS
(FP)Pearl Harbor (soundtrack) by Hans Zimmer
試聴できるサイト→sample1


Jamal OTHMAN SUI 公式HP
(FP)Lunatlco by Gotan Project
試聴できるサイト→sample1

Geoffry VARNER USA
(FP)Concerto de Aranjuez by Joaquin Rodrigo
これもフィギュアではお馴染み、本田さんの2002年のSPとか。確か今年は中庭健介さんも。
試聴できるサイト→sample1
page top
スケートカナダ USFSAの記事
USFSAの記事より、女子シングルのフリーの記事の紹介です。
かなりあやしい訳もあるので、話半分で。

Defending Skate Canada champion Alissa Czisny of the United States settled for fourth this time around, but she was not unhappy with her performances.
スケートカナダのディフェンディングチャンピオンアリッサシズニーは今回第4位でした、しかし、彼女は彼女の演技に不満を抱いていませんでした。

“I think the competition here is a little bit harder than last year,” Czisny said.
「私は、ここの大会が昨年より少し難しいと思います」と、シズニーが言いました。

It wasn't so much, perhaps, that the competitors were superior but the caliber of performances was considerably higher than last year.
おそらく、選手がすごく優れていたということではありませんでした、しかし、演技の質は昨年よりかなり高かったです。

Canada's Joannie Rochette grabbed the gold with a superb finale, jumping all the way from fifth in the opening round.
カナダのJoannie Rochetteは素晴らしいフィナーレで金メダルを得ました。最初のラウンドの第5位からジャンプアップしました。

As 5,300 fans leapt to their feet in a roar of approval, the two-time Canadian champion breathed a sigh of relief.
5,300人のファンの歓声で、二度のカナダチャンピオンはほっとため息をつきました。

“I wanted to come here tonight and show what I was made of,” she said, referring to her subpar execution of her short program. “I forgot about the previous skate, and I skated for myself. I'm really excited with my personal best. I skated my heart out.”
「私は、私が何でできていたかについて今夜ここで見せたかった」と、彼女が言いました、彼女のショートプログラムは彼女の標準以下の技術に抑えられていた。「私は前のスケートを忘れました、そして、私は私自身の為にスケートをしました。私は自己ベストを出せて本当に興奮しています私は、元気よく滑りました。」

Rochette scored 118.26 for her finale – a flamenco styled by David Wilson – and 173.86 in all. Both scores were personal bests. She hit six triples, faltering only the loop which she popped into a single.
ロシェットは、デービットウィルソン振り付けのフラメンコで最終118.26のスコアを出しました、そして合計173.86でした。両方の得点は、自己ベストでした。彼女は6つのトリプル跳び、シングルになってしまったループだけ口ごもりながら言いました。

The silver medal went to Japan's Fumie Suguri, the World silver medalist, who notched 168.76 points in total, a mere fraction of a point ahead of first round leader Yu-Na Kim of South Korea.
銀メダルは世界選手権銀メダリストの日本の村主章枝へ行きました。彼女は全体で168.76ポイントで第一ラウンド首位の韓国のキムユナより前につけました。

Kim ranked just fourth-best in the free skate behind Czisny, but hung on to the bronze medal position in her senior competitive debut.
キムはシズニーの後でのフリー4位につけました、しかしシニアのデビュー戦で銅メダルを獲得できなかった。

With her music selection, Rochette was looking for something more mature, more powerful – a departure from the classical pieces she used in previous seasons. She took flamenco dance lessons off the ice to enhance her feel for
ロシェットは音楽選択で前のシーズンで使った古典的な部分から離れ、より成熟した、より力強い何かを探していました。彼女は彼女の感じたことをより強化するため、フラメンコのレッスンを受けました。

Suguri hit five triples in her “Song of Spirits” program styled by Lori Nichol. Afterward, she reported that a hamstring injury in mid-October had prevented her from being completely ready for this competition.
ローリニコルに振付けられた”魂の歌”で5つのトリプルを跳びました。彼女は10月中旬の膝の故障がこの競技を完全に行うため準備を妨げたと報告しました。

“The Lark Ascending” couldn't be a more fitting music choice for the graceful Kim, one of the sport's new stars, who was too young to compete at the 2006 Olympics and World Championships. Despite a fall on one triple Lutz, the 16-year-old held the audience spellbound as she floated across the ice. The positions in her spins, including an upside-down camel, were exquisite.
2006年のオリンピックと世界選手権で演技するには若すぎたスポーツ界の新しいスターの気品に満ちたキムにとって、「Lark Ascending」はぴったりの音楽選択ではありませんでした。一つの3Lzで転倒したにもかかわらず、この氷上で抜き出たとして観衆はこの16歳に魅せられたままでした。上下のキャメルを含むスピンのポジションは見事でした

Czisny debuted her new free skate set to music from the Audrey Hepburn film, “Sabrina.” She looked the part in a strapless black dress with silver trim. The program is sublimely sophisticated, cleverly emphasizing Czisny's elegant lines.
シズニーは、オードリーヘップバーン映画「麗しのサブリナ」からの音楽の新しいフリーの演技を披露しました、彼女は銀の装飾をした黒のストラップなしのドレスでそれらしく見えました。このプログラムはシズニーのエレガントさを賢く強調し、崇高に洗練されています。

When choreographer David Wilson first suggested the Sabrina music, Czisny thought it was boring but having seen Wilson's work, she trusted he would make it interesting.
振付師デービッドウィルソンが最初にサブリナの音楽を提案したとき、シズニーは退屈だと思いました、しかし、ウィルソンの仕事を見て、彼がそれを興味深いものにしてくれる思いました。

Czisny scored full marks for four triples, had her Lutz downgraded for under-rotation and singled the loop. She scored 107.57 points, giving her 163.69 in all, close to the personal best she scored at this event last year.
シズニーは4つのトリプルで満点を勝ち取って、彼女のルッツ回転数を下げ、ループをシングルにしました。彼女のスコアは107.57ポイントでした。そして、彼女が昨年この大会でで得点した自己ベストに近いトータル163.69を得ました。

I felt like I had fun out there. I was relaxed, did what I needed to do,” said Czisny, who will go to Moscow with Weir.
「私は、楽しいと感じました。私は必要なであるリラックスをすることができました」と、シズニーが言いました。そ彼女はウィアーとモスクワに行きます。

American Katy Taylor, the 2006 Four Continents champion, had a difficult outing, finishing 12th in the 12-woman field. She managed to complete just two triple jumps successfully. Taylor was 11th at Skate America last week.
アメリカ2006年四大陸選手権チャンピオンのアメリカケーティテイラーは12人中12位で終えシーズン序盤を難しいスタートとなりました。。彼女は、なんとか2つのトリプルを決めることが出来ました。タイラーは先週のスケートアメリカでは11位でした。
page top
スケートカナダ USFSAの記事
スケートカナダ、男子のフリーについてのUSFSAの記事の紹介です。
適当な訳も多いので、話半分で。

(11/4/06) - Three-time U.S. champion Johnny Weir knew he could take the Skate Canada title on Saturday if he just did his job.
(11/4/06) 3度のアメリカチャンピオンジョニーウィアーは、彼がきっちり彼の仕事をするならば、土曜日のスケートカナダタのイトルをとることができるということを知っていました。
He didn't and he didn't.
彼はそうできませんでした。

But, neither did Stephane Lambiel and Daisuke Takahashi the men who finished one-two. Weir settled for third.
しかし、ワンツーで終えたステファンランビエールと高橋大輔もどちらも(彼らの仕事を)しなかった。ウィアーは第3位受け入れました。

Lambiel, the two-time World champion and Olympic silver medalist, climbed back all the way from seventh in the short program to the top of the podium.
二度の世界チャンピオンとオリンピックの銀のメダリストのランビエールは、ショートプログラム7位から、ポディウムの一番上に上りました。

Despite the win, the Swiss champion was far from his best- the triple Axel eluded him, he fell on one quad and flipped off the landing of another, then doubled a flip.
勝利にもかかわらず、スイスのチャンピオンは、彼のベストから程遠かった。トリプルアクセルを入れることができず、彼は一方の4回転で転倒し、もう一方の4回転のランディングでステップアウトし、フリップのダブルでした。

To finish on top he needed help, and he got it.
トップで終わるためは、彼は助けが必要でした。そして、彼はそれを得ました。

Japanese champion Takahashi, who was top man in the short program, popped his quadruple into a wide open single, struggled to stay upright on the landing of one triple Axel, fell flat off the take-off edge of the loop and crashed again on a flip jump.
ショートプログラムトップの日本のチャンピオン高橋は、4回転を足を大きく開いたシングルにし、一つのトリプルアクセルのランディングで姿勢をまっすぐに保つのに苦労し、、ループジャンプでは飛び上がるときのエッジに失敗し転倒、フリップジャンプでは再びパンクしてしましたました。

Weir, second after the short, spun out on the landing of his first triple Axel and doubled a loop and flip. He ranked fourth in the free skate with 122.42 points behind Canada's Shawn Sawyer.
ショートプログラム第2位のウィアーは最初のトリプルアクセルのランディングで関して外へ回って、3Loと3Fをダブルにしてしまった。彼は、カナダのショーンソーヤーの後ろの122.42ポイントでフリー第4位にランクしました。

Lambiel collected 146.25 points in the free skate, 210.70 overall. Takahashi's program earned 129.41, giving him 208.21 overall to Weir's 198.70.
ランビエールはフリースケートで146.25ポイントを得てトータル210.70でした。高橋のプログラムは129.41を得てトータル208.21でした。ウィアーのトータルは198.70でした

“After the short program, I was like, ‘It's impossible to get a medal,'” Lambiel said. “I was so far in seventh place. It was unbelievable today to win this competition.”Weir said, “I'm very lucky to be in third. It was definitely a gift. I want to go out next time and prove I can do better than this.”
「ショートプログラムの後、私は『メダルを受けることは不可能なこと』のように思いました」と、ランビエールが言いました。「私は、ここまで第7位の位置にいました。この競技に勝ったことは、信じ難いほどでした。ウィアーは言いました 。「私は、第3位でとても運が良かったです。それは、確かに贈り物でした。私は、次の機会にむけて、私がこ今日よりよりよくできるということを証明したいです。」

Weir heads to Moscow in two weeks for his next assignment at Cup of Russia.
ウィアーはカップオブロシアで、彼の次の任務のために2週間後モスクワに向かいます。

Due to a shortage of preparation time, Lambiel used last season's “Four Seasons” program. He plans to unveil his new modern flamenco free skate at the NHK Trophy in Japan later this month.
準備時間の不足のために、ランビエールは昨シーズンの「フォーシーズンズ」プログラムを使用しました。彼は、今月後半の日本で行われるNHK杯で彼の新しいモダンフラメンコのフリースケートを公開する予定です。

Weir, who ranked fifth at the 2006 Olympic Winter Games, debuted his free skate in Canada, choreographed by 2002 Olympic ice dancing champion Marina Anissina.
2006年のオリンピックの冬季大会の第5位のウィアーは、2002年のオリンピックのアイスダンスチャンピオンマリーナアニシナによって振付けされたフリースケートをカナダの観客の前で初めて演じました。

Both Lambiel and Weir said they had little time to recuperate from the demands of the 2006 Olympic season. Show tours kept them on the road for most of the summer.
ランビエールとウィアーの両者は、2006年のオリンピックシーズンで(ショーなどの?)需要からほとんど回復する時間がなかったといいました。夏のほとんどをショーツアーのロードで過ごしました。

“I need more training time,” said Weir, 22. “I'm getting old for a figure skater. I haven't had that time of sitting around in a shorty bathrobe on a lounge chair, sipping mai-tais.”
「私は、より多くのトレーニング時間を必要とします」と、22歳のウィアーが言いました。「私は、フィギュアスケーターのわりに年をとっています。私にバスローブを着て、ラウンジチェアに座ってチビチビとマイタイを飲み、何もしない時間を持つことができない」

Takahashi, eighth at the 2006 Olympic Winter Games, was unsure what caused his problems on Saturday. Through an interpreter he said he had not made these mistakes in practice this week.
2006年のオリンピックの冬季大会の第8位の高橋は、土曜日の彼の失敗の原因が何なのかわからなかった。通訳を通して、彼は今週の練習ではこれらのミスを犯していなかったと言いました。

Geoffry Varner, competing in his first-ever senior competition, finished 11th with 148.57 points. He struggled to hold the landings of several jumps and fell on two.
ジェフリーヴァーナーは、彼の初めてのシニアの競技に参加して、148.57ポイント、第11位で終えました。彼はいくつかのジャンプの着地の姿勢を保つのに苦労して、2回転倒しました。

France's Yannick Ponsero, who finished sixth, is the only singles competitor scheduled to compete again next week in the third Grand Prix event in Nanjing, China>.
第6位で終えたフランスのヤニックポンセロは、次週の南京、中国でのグランプリシリーズに再び出場を予定している唯一人のシングルスの選手です。

Competitors generally receive two GP assignments and earn points based on their placements. The top six points-getters in each discipline will compete at the Grand Prix Final in St. Petersburg, Russia, in December for $272,000 US in prize money.
選手は一般に2つのGPに出場し、彼らの順位に基づくポイントを得ます。2試合の合計のポイントのトップ6が、賞金で272,000ドルのUSをかけた、12月にサンクトペテルスブルグ(ロシア)で行われる、グランプリファイナルで競うことができます


page top
11/5 情熱大陸の放送
今日の情熱大陸は冨田洋之さんです。

人に左右されない、自分の理想の体操だけを追い求める彼の姿がよく表されていて、いい放送だったと思います。

(技を)できるだけではダメ。美しく完璧に出来なければ気が済まない。順位よりも自分の演技の出来が一番大事。
彼の自分のポリシーを貫く姿勢に感動します。

今年の世界体操選手権、個人総合、惜しくも銀メダルに終わりましたが、"惜しくも"なんておかしいですね。
腹痛と闘いながら、順位を全く気に留めず、ひたすら次の競技ではよりよい演技を見せることだけを考え、そして平行棒でやっと自分の演技をできた、満足の結果でしょう。

素人の目から見ても、冨田選手の体操は美しい。
大技には、目が行っちゃうけど、やっぱり足のつま先まで神経の行き届いた演技には目を奪われます。受け売りみたいですが本当にそう感じます。

page top
スケートカナダ SP 音楽ネタ
今日はBS朝日で放送された女子SPと男子SPの音楽の紹介です。

地上波見た方、放送されたスケーターは同じですか?
私のトコでは地上波の放送がありません。おそらく関東地方だけ、朝日系列はなしですね。

Yu-Na KIM(キムヨナ)(キムユナ?)
Tango de Roxane from Moulin Rouge (soundtrack)
視聴できるサイト→sample1

Yoshie ONDA(恩田美栄)
Haru no Umi by Miyagi Kiyoko
視聴できるサイト→sample1
お正月によく聞く琴の曲です。
昔、チェンジャンリーがカンフーで滑ったことあるんだけど、あまり国のカラー出しすぎると評価されないことも。今日は失敗したけど、ミスのないプログラムでどれくらいの点が出るのかな。

Susanna PヨYKIヨ(スザンナポイキオ)
One by Apocalyptica
「Inquisition Symphony」より"one"
視聴できるサイト→sample1
フィンランドのチェロの奏者4人のバンドApocalypticaの曲。
今年はジュベールも滑ります。もしかして流行ってる?


Alissa CZISNY(アリッサシズニー)
Prelude & Quadukka by Jesse Cook
「Nomad」より"Prelude""Quadukka"
視聴できるサイト→sample1
このジェシークックの曲去年はやたら多かったけど、今年はあまり見かけませんね。ちなみに去年は、スルツカヤや村主も曲は違うけどジェシークックだった。

Fumie SUGURI(村主章枝)
Bolero by Maurice Ravel
視聴できるサイト→sample1
この禁断のボレロを選ぶなんて。USFSAの記事にも大胆にもって書かれてたし。トービル&ディーンのボレロはあまりにも有名。


Tomas VERNER(トーマスベルナル)
Toccata and Fuga by J. S. Bach
Music by Vanessa Mae
「The Violin Player」より
試聴できるサイト→sample1

Yannick PONSERO(ヤーニックポンセロ)
In the Mood for Love - Remix by Maxime Rodriguez
視聴できるサイトがないので、アルバムの紹介→コチラ
              映画の紹介→コチラ
              マキシムロドリゲスのサイト→コチラ
ジュニアの去年と同じ曲でのプログラムでした。アレンジがマキシムロドリゲス。彼は多くのスケーターの曲のアレンジしていて、キャンデロロのダルタニアンなんかはすごく有名。
今年はジョニーウィアーのFPは彼のオリジナルです。

Stephane LAMBIEL(ステファンランビエール)
Selection of music by Christine Lauterburg
視聴できるサイトがないので、演奏者のサイトの紹介→コチラ

Johnny WEIR(ジョニーウィアー)
King of Chess by Silent Nick
実際には"Palladio "という曲です。
視聴できるサイト→sample1

Daisuke TAKAHASHI(高橋大輔)
Concert for Violin and Orchestra by P. I. Tchaikovski
視聴できるサイト→sample1
最初、安藤美姫の曲がチャイコフスキーのバイオリン協奏曲という誤報が日刊スポーツに出ていて、熱愛報道のある二人が同じ曲?!ってドキドキしちゃったけど、安藤美姫さんはメンデルスゾーンで高橋さんがチャイコフスキーでした。




その他BS朝日では放送されなかった選手(男子だけ)
実際の曲を聴いていないので、参考程度に。

Vaughn CHIPEUR CAN
(SP)Enter Sandman by Metallica
Nothing Else Matters by Metallica
「Tribute to Metallica」からかな? ジュベールはapocalypitcaの"Nothing Else Matters "だったけどこちらはDie Kruppsのものかな。
試聴できるサイト→sample1

Marc Andre CRAIG CAN
(SP)Sway by Ruiz
「Shall we dance」のSwayでいいのかな?
これもPablo Beltran Ruizだしね。RuizのSway(Quien Sera)はいろんな人が歌っているからな。
試聴できるサイト→sample1
Sway(Remix) by Dean Martin
試聴できるサイト→sample1
リミックスってはいっているけどまさかコチラじゃないよね。

Shawn SAWYER  CAN 公式HP
(SP)The Big One
マイケルムーアの「The Big One」のサントラかな?byWorld Famous Blue Jays

Sergei VORONOV RUS
(SP)Piano Concerto No. 2 by Sergei Rachmaninov
試聴できるサイト→sample1

Geoffry VARNER USA
(SP)Zorba's Dance by R. Ziestra
探せない。
page top
USFSAの女子SPの記事(スケートカナダ)
スケートカナダ初日のUSFSAの記事の紹介です。女子SPのみです。
かなりいい加減な訳もあるので、ご了承ください。

(11/2/06) - South Korea's Yu-Na Kim lived up to her advance billing as a champion-in-the-making in her debut as a senior competitor Thursday at Skate Canada.
(11/2/06) - 韓国のキムユナは、スケートカナダで木曜日、シニアのチャンピオンの卵のデビューとしての前評判に恥じない滑りをしました。

The 16-year-old outdistanced her closest challenger, Japan's Fumie Suguri, by more than four points in the women's short program.
16才は、女子SPで、彼女の最も接近した挑戦者・日本の村主章枝を引4ポイント差で大きく引き離しました。

Suguri, the World silver medalist, earned 58.52 points to Kim's 62.68, while Susanna Poykio of Finland ranked third with 57.62 on the board.
世界選手権シルバーメダリストの村主はキムの62.68につづく58.52ポイントを稼ぎ、フィンランドのスザンナポイキオがボードに57.62で第3位にランクしました。

Defending Skate Canada champion Alissa Czisny of the U.S. is fourth and within striking distance of the podium with 56.12 points.
スケートカナダのディフェンディングヤンピオン、アメリカのアリッサシズニーは56.12の第4位で、メダル圏内です。

Kim, who upset Japan's Mao Asada to take the World junior title last spring, trained in Toronto for four months this year under the tutelage of Canadian skating luminaries Brian Orser and Tracy Wilson.
昨年の春、浅田真央を抑えてワールドジュニアタイトルを獲得したキムは、今年4ヵ月間、トロントでカナダ人のスケート指導者ブライアンオーサーとトレイシーウィルソンの個人指導の下で訓練を受けました。

Asked how she would rate her performance set by David Wilson to “Tango de Roxanne” from Moulin Rouge, Kim answered shyly, "Very good."
デビットウィルソン振り付けのムーランルージュのサントラ「タンゴデロクサーヌ」のパフォーマンスをどのように評価するかについて尋ねらると、「とても良かった」と、キムがはにかんで答えました。

Kim, who was too young to compete at the 2006 Olympic Winter Games and World Championships, opened with a picture-perfect triple flip-triple toe combo and ticked off every subsequent element without a perceptible flaw, drawing a standing ovation from the 4,400 fans.
2006年の冬季オリンピックと世界選手権で競技するにはあまりに若かすぎたキムは、絵に描いたように見事な3F+3Tのコンビネーションで始め、ミスのない完璧な滑りで、以後のあらゆるエレメントを正確に滑りました。そして、4,400人のファンからスタンディングオベイションを得ました。

Suguri boldly chose Bolero as the music for her program, explaining she wanted to show the burning emotion within.
スグリは大胆にもボレロを彼女のプログラムの音楽に選びました。彼女は燃えるような情熱を表現したかったと説明しました。。

Czisny's teammate Katy Taylor, looking to improve on her troublesome 11th-place finish at Skate America last week, is 10th (43.16 points) in the 12-woman field.
シズニーのチームメイトケーティテイラーは、先週の11位に終わったスケートアメリカでのいくつかのトラブルの改善を見せ、12人中10位(43.16)でした。

Skating to “Prelude” by Jesse Cook, Czisny recovered from an unfortunate opening, a stumble and a fall after popping her triple Lutz into a single. She finished in fine fashion, however, nailing the next two jump elements and wowing the crowd with exquisite extension on her spirals and lightening-fast spins.
ジェシークックの「プレリュード」に合わせて滑るシズニーは、3Fがシングルになってしまったあとのつまずきと落下という不運な滑り出しから立ち直りました。しかし、彼女は明るい表情で終わりました、というのも次の2つのジャンプ要素と洗練された伸びやかなスパイラルと速いスピンで観客を釘づけにを釘づけにしたからです。

I wasn't focused enough on the Lutz," said a smiling Czisny, who was nonetheless pleased with her performance.
「私は、十分にルッツに集中しませんでした」と、シズニーは微笑んでいいました。それにもかかわらず彼女のパフォーマンスには満足しました。

Taylor, the 2006 Four Continents champion, assessed her short program in Victoria as an improvement from last week's skate in Hartford.
2006四大陸選手権のチャンピオンのテイラーは、ハートフォードで、先週のスケートから改善されたとして、ヴィクトリアでの彼女のショートプログラムを評価しました。

"I just hope to keep improving for nationals," she said.
「私は、国民のために改良し続けることを希望します」と、彼女が言いました。

The women have a day off before their final on Saturday.
女子は土曜日の決勝の前に休日をとります。
page top
冨田選手 W杯シリーズ 平行棒2位
先日、ワールドカップシリーズ・ドイツ大会(DTBポーカル)で冨田選手が平行棒2位になりました。
あん馬4位
つり輪5位
平行棒2位です。平行棒はファイナルに出場できる可能性が出てきました。それにしても、世界選手権からまだそれほど経っていないのに。
日本には帰国せずに行ったんだろな。本当にお疲れさまです。
11月10日には、全日本選手権です。超ハードだな。

それと11/5の情熱大陸は冨田選手です。

TV放送
11/5  TBS    情熱大陸 23:00~23:30
11/11 NHK総合  全日本選手権男女個人総合 16:00~17:30

お見逃しなく。
page top
スケートアメリカエキシビション MusicList
今日は先日行われたスケートアメリカのエキシビションに使われた曲紹介です。BS朝日で放送された分だけです。(順不同)

Skate America Exhibition Music List
Mao Asada(浅田真央)
(EX)Habanera from Carmen by Georges Bizet

DOIと同じですね。歌劇「カルメン」のActⅡ。
オリジナルがわかりませんが試聴できるサイト→sample1
Kimmie Meissner(キミマイスナー)
(EX)Unwritten by Natasha Bedingfield

「Unwritten」より"Unwritten"
試聴できるサイト→sample1sample2

Emily HUGHES(エミリーヒューズ)
(EX)Proud Mary by Tina Turner

「Proud Mary」より"Proud Mary"と"Sweet Rhode Island Red"…じゃないかと思う。
試聴できるサイト→sample1sample2

Evan LYSACEK(エバンライサチェック)
(EX)One by U2

試聴できるサイト→sample1sample2

Alban PREAUBERT(アルバンプロビエール)
(EX)I'm Your Man by Leonard Cohen

試聴できるサイト→sample1sample2

Rena INOUE & John BALDWIN(井上&ボードウィン)
(EX)Mandy by Barry Manilow

試聴できるサイト→sample1sample2

Albena DENKOVA / Maxim STAVISKI(デンコワ&スタビスキー)
(EX)Hit The Road Jack

同じ題名でいろいろあったけどレイチャールズ(Ray Charles)のものです。
試聴できるサイト→sample1sample2

Melissa GREGORY&Denis PETUKHOV(グレゴリー&ヘチュホフ)
(EX)Impossible Dream

「Man of La Mancha(ラマンチャの男)」より "The Impossible Dream (The Quest)"同じボーカルのものではありません。
試聴できるサイト→sample1sample2

Nobunari Oda(織田信成)
(EX)Fly Me to the Moon by Frank Sinatra


Miki Ando(安藤美姫)
(EX)I beleive by Ayaka
© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。