FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
四大陸選手権 男子FP USFSA記事。
2007 四大陸選手権 男子フリーのUSFSAの記事です。
例によってかなり適当なものですが、よろしければどうぞ。


(2/9/07) - U.S. champion Evan Lysacek admitted he didn't have his best stuff, but it was good enough to rally from nearly 11 points down to win his second Four Continents Championships title Friday night at the World Arena in Colorado Springs, Colo.
全米チャンピオン、エヴァンライサチャックは、彼にとっての最高の演技ではなかったけれども、金曜日の夜、11ポイント近くを逆転して、コロラドスプリングスで行われた四大陸選手権の二度目のタイトルを取るには充分すばらしいものでした。
Lysacek, 21, recorded a personal-best international free skate of 159.23 points and total score of 226.27, edging short program leader Jeffrey Buttle of Canada and Colorado Springs' own Jeremy Abbott
ライサチェックは、フリーでは世界最高となる159.23ポイントを獲得し、トータルでは226.27ポイントと完全なスコアを記録し、ショートプログラムトップのカナダのジェフリーバトルとジェレミーアボットを、押さえました。
The California resident won his first Four Continents Championships crown in 2005 in Gangneung, Korea.
カリフォルニア居住のライサチェックは、2005年韓国のGangneungで、優勝したことがあります。
Executing his opening quad toe-triple toe once again provided Lysacek a big boost during his technically challenging “Carmen” program.
もう一度、最初に4T-3Tを行うことは、ライサチェックが彼の”カルメン“に技術的な挑戦を行うため、大きな後押しとなりました。
“I've been practicing the quad really well and it wasn't one of my better ones, but when the time comes I like to try and fight for every point,” said Lysacek, who bested the 21-man field. “Neither (triple) Axels were good. The second one was really tough and I had to fight for it. That's what we do as athletes.”
「私はよく四回転を練習していました、そしてそれは私のいい時のものよりよくなかった。しかし、時が来るとき、私はすべの点で挑戦するようにしたい。」と21人の男子を打ち負かしたライサチェックはいいました。「どちらのトリプルアクセルもよくなかった。2回目のアクセルは本当にタフでした、しして私はそれのために戦わなくてはならなかった。それは我々がアスリートとしてすることです」
Three weeks ago at the U.S. Championships in Spokane, Wash., Lysacek nailed that same opening element en route to a personal best U.S. mark. The quad at Four Continents, he said, wasn't nearly as crisp.
3週間前、スポーケンでの全米選手権で、ライサチェックは最初の同じ要素で周囲を釘付けにし、アメリカ記録の自己ベストを出しました。四大陸での四回転は活気があるものではなかったと彼はいいました。
“The one at nationals had a lot of speed and a lot of flow out of the landing, and I think this one was a little scratchy,” said Lysacek, who will represent the United States at the World Championships in Japan in March. “It was really deep on that edge, which kind of stops my momentum from having a real nice landing out of it. So, technically it wasn't quite as good. As far as me being happy with it, I think it was a lot more difficult tonight so I am really satisfied with pulling it off.”
「国内大会の四回転には、直表にもっとスピードと流れがありましたが、今回は少し引っかかりました。」と3月に日本で行われる世界選手権のアメリカ代表に選ばれたライサチェックは言った。「それは良い着氷からの勢いを止めてしまうような本当に深いエッジでした。だから技術的に完全に良いものではなかった。私にとっての完全な出来にするには今夜は難しく、だから私はそれを達成したことには本当に満足しています。」
The altitude and a demanding three weeks of competitions and practice showed in Lysacek's face as he struggled to maintain the same energy that propelled him to the U.S. title.
3週間の競技と練習における、彼の演技に対する高度な要求は、ライサチェックの顔は彼が全米タイトルを取るために駆り立てられたと同じエネルギーを維持するために戦ったことを表しています。
He did receive a boost when his coach Frank Carroll arrived just before the free skate from California, where he had been part of a court trial.
彼のコーチフランクキャロルがカリフォルニアからフリースケーティングの直前に到着した時、彼は一部手直しし、後押しを受けました。
“Having my coach here made all the difference,” Lysacek said. “He got here at 6 tonight. He knows how to get inside my head and make it work.”
「コーチがここにいるということが大きく違いました」と、ライサチェックが言いました。「彼は、今夜、6時にここに着きました。彼は、私の頭に入って、それを働かせる方法を知っています。」
Carroll said he simply tried to get Lysacek's perspective right.
キャロルは、彼が単にライサチェックが前向きに考えられるよう試みただけと言いました。
“He mentions this thing about Tiger Woods, how he saw him in a zone, just strictly going shot after shot after shot,” Carroll said. “And I think that's a great thing that he mentioned because in figure skating you have to go from one element to another and execute it right. He's getting tougher and tougher.”
「彼は、タイガーウッズについて話しました。彼は、ウッズが打ったあと打ったあと、だんだん厳しくショットを行っていっているのをある場所で見た」と、キャロルが言いました。「そして、私は彼が言及したことはすばらいいことだと考えます、なぜなら、フィギュアスケートにおいて一つの要素から別の要素へ行き、正しく実行しなくてはならない。彼は、だんだん堅くなっていっていた。
Lysacek said he came to Colorado Springs with the goal of working on his quad, that winning was secondary. He said that he focused too much on the quad, which hurt some of the other elements of his program.
ライサチェックはコロラドスプリングスへ来る目的は、4回転を成功させることがゴールである、勝つことは2の次だったと言いました、彼は、4回転に集中しすぎる為、プログラムの他の要素をおざなりにしてしまうと言いました。
“I think the execution of my program really dipped in a couple of spots, so I have some work to do,” said the two-time World bronze medalist.
「私はプログラムを仕上げるには2,3の突っ込む点があると考え、ですから、いくつかそれを行う作業があります」と世界選手権の銅メダリストは言いました。
Buttle, 25, entered the free skate to the “Ararat” soundtrack by Mychael Danna more than three points ahead of Abbott and 10.68 points ahead of fourth-place Lysacek, but he, too, struggled with his planned triple Axels.
25歳のバトルはフリーをMychael Dannaのサントラの“Ararat”でエントリーしました、彼はアボットとは3ポイント、4位のライサチェックからは10.68ポイント先行していました。しかし、彼は予定したトリプルアクセルと戦いました。
He did a double Axel on his first attempt and a single Axel on his second one.
彼は、最初のトリプルアクセルの予定をダブルにして、2番目のものをシングルにしました。
Buttle, the three-time Canadian champion, missed most of the past year with a stress fracture in his back but came back to win his third national title before coming to Colorado Springs.
3回のカナダチャンピオンのバトルは背中の疲労骨折で昨年の大部分を棒にふったが、コロラドスプリングスに来る前にカムバックして、3回目の国内選手権のタイトルを取りました。
“Today, it wasn't really a technique issue on the Axel,” said Buttle, who scored 223.96 points. “In the short program I was just a little bit outside the circle so that's what caused me to step out, but today there was really nothing wrong with it. I just wasn't aggressive with the snap going in.”
「今日、それはアクセルの技術的な問題ではありませんでした」と、223.96ポイントを獲得したバトルが言いました。「ショートプログラムのとき。私はほんの少し外側に円を外れ、ステップアウトしました、しかし今日は、しかし、今日、本当に悪いところは何もなかった。アグレッシブでなかった為。スナップが利かなかった・」
Buttle, the Olympic bronze medalist, won Four Continents Championships titles in 2002 and 2004.
オリンピックの銅メダリスト、バトルは2002年と2004年の四大陸選手権で優勝しています。
Abbott, 21, was the first skater out in the final group. With the locals cheering loudly, he turned in a solid effort that momentarily grabbed the lead with 203.22 points.
21歳のアボットは最終グループの最初に登場しました。地元住民は大きな声援を送り。彼は手堅い演技で答え、203.22ポイントでつかの間リードをしました。
He received two negative grades of execution on his triple Axel-triple toe and single Lutz-double toe-double loop.
彼は、3A-3Tと1Lz-2T-2Loで二つの低い評価をうけました。
“I'm a little disappointed I didn't skate better, but overall I'm pleased with it,” Abbott said. “It was a pretty solid showing.”
「私はよりよいスケートができなかったことに少し失望しています。しかし全体的には満足しています」アボットがいいました。「それはまあまあ手堅い演技でした」
It was Abbott's first ISU championships. Three weeks ago at the U.S. Championships, he placed fourth. Ryan Bradley of Colorado Springs, third after the short program, placed fourth.
それは、アボットの初めてのISUの選手権でした。3週間前の全米選手権で、彼は4位でした。コロラドスプリングスのライアンブラッドレイはショートプログラムでは3位でしたが、結局4位でした。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

パイクスピーク山(4301m)や、コロラドの語源でもある赤い巨大な砂岩が構成する神々の庭園、アメリカのオリンピックトレーニング拠点、アメリカ古銭学協会本部とアメリカ空軍士官学校があるエリアなどがあり、それらの観光名所では、年間約600万人の旅行者が観光に訪れる。コ  [続きを読む]
アメリカが気になったぞ 2007/07/14/Sat 04:24
© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。