FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2007四大陸選手権 女子FP USFSA記事
2007 四大陸選手権、女子フリーのUSFSAの記事です。
例によって、かなり適当な訳ですが、それでよろしければどうぞ。


(2/10/07) - A disappointing short program finish was all the motivation Kimmie Meissner needed when she took the ice Saturday afternoon at the Four Continents Championships in Colorado Springs, Colo.
(2/10/07) – ショートプルグラムが期待はずれな結果に終ったことで、キミマイズナーはコロラドスプリングスでの四大陸選手権で、土曜日の午後、彼女が氷の上に立ったとき、 動機づけを必要としていました。
The reigning U.S. champion regrouped nicely in front of an enthusiastic crowd to overtake the 24-woman field and claim the title with a score of 172.75 points. U.S. silver medalist Emily Hughes placed second after a personal best free skate, and Canada's Joannie Rochette earned the bronze.
全米選手権を制した彼女は、熱狂的な観衆の前で、24人の女性を追い越して、グループを再編成し、172,75ポイントを獲得し優勝しました。アメリカの銀メダリストエミリーヒューズはフリーで自己ベストを出し2位。カナダのジョワニーロシェットは銅メダルを獲得しました。
Sixth after the short program but only four points behind short program leader Rochette, Meissner connected on her opening triple Lutz-triple toe combination and finished her “Galicie Flamenco” program in strong fashion.
ショートプログラム第6位でしたが、1位のロシェットからはわずか4ポイントしか離れておらず。マイズナーは最初の3Lz-3Tのコンボを成功させ、彼女の強い構成で「Galicie Flamenco」プログラムを終えました。
Meissner's only stumble came during the third of 13 elements when she popped the front end of a triple flip-triple toe combination.
彼女がマイズナーは13の要素の内の3番目の3F-3Tの最初のジャンプが抜けてしまったのが唯一のつまずきです。
“I definitely found some more determination today,” said the 17-year-old Maryland teenager who is a senior at Fallston High School. “At nationals when I was first after the short it was different. I'm used to being here [lower in the standings] and having to come up. Not from sixth, but I'd rather be first.
「私は、今日、いくつかの決意を確かに見つけました。」と、Fallston高校のシニアである17才のメリーランドの十代が言いました。「私が国内選手権でショートプログラムの後、1位だった時とは違いました。私はここ(低い順位)にいることに慣れていて、順位を上げることができる。しかし、それができても6位よりはむしろ1位の方がいいですけど。
“I was pretty disappointed with myself after the short because I do train so much every day. I know I have that jump [Lutz]. I can do it in my sleep. It really makes me mad when I miss something that to me is really easy. I guess I was a little angry at myself.”
「私はショートのあと若干失望しました、なぜなら、私は毎日たくさんの訓練をしていたからです。私はルッツジャンプができることを知っています。私は寝ていてもそれを跳ぶことができます。私にとって本当に簡単にできることをミスするとき、私は本当に頭に血がのぼってしまいます。私は自分自身に少し腹をたてていたようです。」
Meissner, the defending World champion, said the Four Continents Championships title means a lot to her, and she was excited to turn in a solid free skate heading into the World Championships next month in Japan.
世界選手権のディフェンディングチャンピオンのマイズナーは四大陸選手権のタイトルを取ることは多くの意味があり、来月日本で開催される世界選手権に向かって、完璧なフリースケートを持っていけると興奮しながら、言いました。
“It felt good to land those Lutzes,” Meissner said. “I felt stronger (as the program went on).”
「(2回目?)ルッツの着氷はいい感じでした、」マイズナーは言いました。「私は強くなったと感じています」
Hughes took the lead momentarily with a score of 166.60 after turning in a personal best free skate.
ヒューズは、フリーの自己ベストである166.60ポイントを出して、少しの間リードしました。
Performing to music from the ballet “Sylvia,” Hughes skated well despite leaving her first two combination jumps on the shelf. She later tacked on a double toe to a triple toe.
バレエの「シルヴィア」からの音楽での演技、、ヒューズは最初の2つのコンビネーションで失敗したにもかかわらず、うまく演技をしました。彼女は、3Tの後に、2Tを加えました。
“This is the first time I'm going out there and doing all the triples,” said Hughes, an 18-year-old senior from Great Neck, N.Y. “Even though I didn't do some combinations, I'm really happy about getting my personal best, which is always a goal of mine. I'm hoping to build on that for Worlds.”
「私が、すべてのトリプルジャンプを跳べたのはこれが初めてのことです。」と、グレートネックN.Yのシニアの18歳のヒューズが言いまし「たとえ私が若干、コンビネーションができなくても、私は私の自己ベストをだすことができて本当に満足です。そして、それは常に私のゴールです。私は、世界選手権の為、そうしていけることを望んでいます」
Rochette, 21, popped both of her triple Lutzes in an otherwise strong performance. The three-time and reigning Canadian champion, skating her “Don Juan” program, finished with a total of 165.90 points.
21歳のロシェットは3Lzが二つとも、シングルになったこと意外は、強い演技を見せました。3回の現カナダチャンピオンは「ドンファン」のプログラムで滑り、166.90ポイントで演技を終えました。
“The Lutz wasn't the best, but it was tough coming here after nationals,” Rochette said. “Overall I used this as part of my training getting ready for Worlds.”
「ルッツはベストな状態ではありませんでした。しかし、国内選手権のあとで、ここに来ることは非常にタフでした。」とロシェットは言いました。「全体として、私は世界選手権の準備のトレーニングの一部としてこの大会を使いました」
Rochette thought about adding a double toe to her second triple Lutz toward the end of her program but was too tired to make that happen.
ロシェットはプログラムの最後の2回目の3Lzに2Tを加えることを考えたが、あまりにも疲れていた為、そうすることはしませんでした。
Spins, such as those performed by fourth-place skater Alissa Czisny of the United States, is a goal for Rochette as she moves forward with her career.
ロシェットにとって、彼女の経歴をもっと前進させるには、4位のアメリカのアリッサシズニーのスピンのような演技をすることが、ロシェットトのゴールです。
“She's a great spinner,” Rochette said. “I look up to her for that. My long program technically is strong enough to compete against the best in the world. I just need one more triple in the short.”
「彼女は、すばらしいスピンの持ち主です」と、ロシェットが言いました。「私は、彼女のスピンを尊敬します。私のフリープログラムは、世界選手権でのベストに対して、充分に技術的には強く、競争力があります。私はショートプログラムについてはもう一つのトリプルを必要としています。」
Czisny, fourth after the short program, fell twice on her triple flip and triple Lutz and settled for fifth place with a score of 154.03.ショートプログラム第4位のシズニーは、3Fと3Lzで2回転倒して、154.03ポイントで第5位となりました。
“I was a little bit disappointed in my long program here,” said the 2007 U.S. bronze medalist. “It was quite quick after nationals. We only had a couple of days to come down and get ready for this competition. So it was a little bit more difficult in that respect. I think it was just good to get myself out in front of the judges again.”
「私は、ここでの私のフリープログラムで少し失望しました」と、2007年のアメリカの銅メダリストが言いました。「国内選手権のあと、あまりにも早かった。私達はこの選手権に対し、2、3日しか準備する日がなかった。だから、そういう点で少し難しかったです。私は再び、ジャッジの前で私自身を表現することができてよかったと考えます」
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。