FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
桑田真澄、オープン戦記事(パイレーツHP)
今度はパイレーツHPの記事の紹介です。
書く人の癖もあるのか、ちょっとわかりにくい表現も沢山あったので、かなりあやしい文章となってますが、よかったらどうぞ。



Kuwata fulfills lifelong dream
桑田は長年の夢をかなえます。

BRADENTON, Fla. -- Eighteen years of hard work came together when Masumi Kuwata took the mound for his first Major League appearance.
桑田真澄が彼の初となるメジャーリーグのマウンドに姿を見せたとき、激務の18年が一緒に来ました。(意味不明)

He was a veteran and a rookie all at once. He was nervous, but it didn't show. He was smaller, and at the same time overpowering. He stood stern-faced on the mound, but wore an ear-to-ear smile in the locker room afterward.
彼はベテランから一気にルーキーになりました。彼はナーバスになっていましが、そうは見せませんでした。彼は小さいですが、同時に威圧感がありました。彼はマウンドでは厳しい顔つきをして立っていたが、その後ロッカールームでは、満面の笑みをたたえていました。

His dream was fulfilled, nearly two decades after he began pursuing it.
彼の夢は、彼がそれを追い求めてから20年近くたってから、実現しました。

"I just said to myself, 'Thank you to the God of baseball,'" Kuwata said. "I was so excited. I said thank you for everybody and everything. In my mind, I said that anything can happen. I'm going to pitch today in Major League Baseball."
私は自分自身に語り掛けました。"ありがとう、野球の神様"」桑田は言いました。私はとても興奮していました。私はすべての人、すべてのことにありがとうと言いました。私は、今日、MLBで投げることができます。と私の心に語り掛けました。」

When he was 20 years old, Kuwata was living in Japan and was teammates with former Major Leaguer Bill Gullickson, who shared with Kuwata the excitement of American professional baseball. It was Gullickson, Kuwata said, who planted the seed about a career overseas.
桑田が日本に居た20歳の頃、元メジャーリーガーのビルガリクソンとチームメイトでした、ガリクソンと桑田はアメリカのプロ野球の興奮を共有しました。海外のキャリアについての種を植え付けたのはガリクソンだったと桑田は言いました。

Now 38, Kuwata was understandably emotional beforehand and after his outing. He admitted to taking deep breaths before throwing, and said at the time he was out there he wasn't concerned with the results so much as the experience.
現在38歳の桑田は、目に見えて感情的になっていました。彼は投げる前に深呼吸をしました、そして、多くの経験を得ることが大切で、結果は関係ない、と言っていました。

"It was the first time I took the mound, so I was just enjoying every moment," Kuwata said. "I just tried to pitch my style."
「私がマウンドにあがるのは初めてだったので、私はすべての瞬間を楽しみました。」桑田は言いました、「私は自分流の投球を試しました」

Perhaps it was because his worries were elsewhere, but the right-hander threw a devastating slider on Sunday, fanning two of the three Reds he faced in the 14-pitch third inning. One of his victims during the Pirates' 10-4 loss was Scott Hatteberg, a notoriously hard player to ring up, who did so less than nine percent of the time last season (41 strikeouts in 456 at-bats).
おそらく彼の心配はどこか他のところにあったからです。しかし日曜日、右腕は圧倒的なスライダーを投げました。3回に登板し、レッズの打者3人に14球を投げ、そのうち二人は三振に斬ってとりました。
10-4でパイレーツが大敗する中、昨シーズン9%(456打席中42三振)しか三振しなかったとして名を轟かせているスコットハッテバーグが、桑田の犠牲者のうちの一人となりました。


Kuwata was impressed upon learning this, but for him personally, and the horde of Japanese media that's been tailing him since he was in high school (whose numbers were 50-plus during his debut), it was the significance of the event that really mattered.
桑田は、これを学ぶことと印象づけましたが、それは彼の個人的なことであり、彼を高校生のときから追い続けてきた日本のメディアの群れ(デビュー戦は50人以上でした)にとっては、本当に重要なイベントであることを意味しています。

"It was a dream come true, you know?" he said. "I just want to do my best. If I don't make the Opening Day roster, I will never give up. I will never give up."
「それは実現できる夢だったと知っていましたか?」彼はいいました。「私は自分のベストを尽くしたい。もしも開幕メンバーに入れなくても、私は決してあきらめません。私は決してあきらめません」



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

桑田のデビューは“ドラマチック”=米紙
米大リーグ、パイレーツの桑田真澄が4日(現地時間)、レッズとのオープン戦で1イニングを無失点に抑える好投を見せたが、38歳の“オールドルーキー”の初登板は地元紙でも大きく取り上げられた。ピッツバーグ地元紙『ピッツバーグ・ポストガゼット』は5日、レッズの中軸打  [続きを読む]
スーパーサイヤ人 2007/03/07/Wed 20:59
© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。