FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
USFSAの記事から
安藤さん優勝おめでとうございます。
USFSAの記事を紹介(途中まで)、かなりあやしい訳ですが、ご容赦ください。

Ando Surprises The Field by Winning Skate America Gold
安藤、スケートアメリカ金獲得で場内を驚かせる。

(10/28/06) - What a difference a year has made for Japan's Miki Ando, who on Saturday night resurrected a struggling career with a dazzling and personal-best performance at Skate America in Hartford, Conn.
(10/28/06) –違う1年にしたい日本の安藤美姫は、土曜の夜ハートフォードで行われたスケートマメリカでパーソナルベストで輝かしいキャリアを復活させた。
The 18-year-old from Nagoya City combined personal-best scores in her short program and free skate to win the gold medal against competition that featured arguably the two best skaters in the world today – country mate Mao Asada and World champion Kimmie Meissner.
名古屋出身の18才は、未来の世界で最高の二人のスケーターと評される同国の浅田真央と世界チャンピオンのキミマイズナーに対し、SPとFPでパーソナルベストを更新してゴールドメダルを獲得した。
Asada, who led after the short program, failed on her opening triple Axel attempt and faded back to third place overall (fourth in the free skate), while Meissner turned in an exhilarating program and jumped from third after the short program to second place.
ショートプログラムでリードした浅田は、マイスナーが魅せるプログラムでSP3位から、2位に上がった間に、彼女の最初の試みたトリプルアクセルで失敗、全体で3位に落ちた。(FPは4位)
Ando battled injuries last year and struggled with her jumps. She placed sixth at her national competition and 15th at the Olympic Winter Games. In the last few months, she has switched coaches and appears to have worked out her demons of the past.
安藤は昨年怪我と戦い、ジャンプに苦労しました。彼女は、国内選手権で6位、オリンピックで15位に終わりました。ここ数ヶ月で彼女はコーチを変え過去の悪夢を振り払う努力をしました。
“Last year I had a lot of injuries and some problems with training,” said Ando, who scored 192.59 points. Her previous best was 172.30. “I didn't have the image or the attitude that I was part of the Japanese team. This year, that attitude is very strong, and that's why I was able to perform well tonight.”
「昨年、私はトレーニングで多くの怪我といくつかの問題を抱えました」と、192.59を獲得した安藤が言いました。彼女 の以前の前のベストは、172.30でした。「私は、私が日本チームの一員としての心構えがありませんでした。今年、私の心構えは非常に強いです。ですから昨夜はとてもよい演技を行うことができました。
Ando, who was the Japanese champion in 2004-05, said she doesn't feel like she's being compared to Asada.
2004-05の日本のチャンピオンの安藤は、浅田と比較されているようには感じないと言った。
“I just want to skate for me, not compared to others and their different levels.”   「他の人や他人のレベルと比べないで私は私のためのスケートがしたい」

Meissner, who turned 17 earlier this month, recorded a nearly flawless free skate and finished with a score of 177.78. She nailed six triple jumps, including an opening triple Lutz-triple toe combination. She didn't attempt a triple Axel.
今月始めに17歳になったマイスナーはほぼ完璧なFPの演技をして177,78の点数を出しました。彼女は最初の3Lz+3Tのコンビネーションを含む6つのジャンプで周囲を釘づけにしました。彼女はトリプルアクセルは試みませんでした。
“I feel awesome,” Meissner said. “It feels so good because it's been such a rivalry in the media between me and the Japanese skaters. I admit it feels good to be on top right now.”
私はすごいと感じます。私と日本のスケーターとの間に競争のようなものがあるのはいいことだと感じます。私はちょうど今トップにいるのは気分がいいと認めます。
Meissner said she doesn't feel there is a rivalry at all.
マイスナーは、彼女が競争がまったくあるのを感じないと言いました。
“I really love all the Japanese skaters,” she said. “They are so nice and so much fun to be around because they are so energetic and very happy all the time.”
「私は、本当に全ての日本のスケーターを愛しています」と、彼女が言いました。「彼ら精力的でいつも幸せであるので、彼らのまわりにいることはとても素晴らしくて楽しみです。」
Meissner said executing her difficult opening element set the tone for the rest of her program to the music of Galicie Flamenco.
マイスナーは、彼女の難しい最初のエレメントをGalicie Flamencoのプログラムに入れるよう実行するつもりでと言いました。


TV観てたら結果を言っているのを聞いてしまい、あきらめてHPみてみました。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

安藤美姫GP初優勝!!
ノーミスの演技で逆転→  [続きを読む]
上野樹里【上野樹里画像・動画・のだめカンタービレ】 2006/10/29/Sun 14:37
安藤美姫が真央をくだして●●●
 フィギュアスケートのグランプリシリーズ開幕戦、スケートアメリカは28日に女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の安藤美姫が125.85点で首位に立ち、合計192.59点でグランプリ初優勝を果たしました。  [続きを読む]
最近注目の●●● 2006/10/29/Sun 18:56
安藤美姫
安藤美姫 ちゃん、おめでと!安藤美姫 関連ブログど~んと紹介でお祝いだ!各ブログにも足を運んでよ~!  [続きを読む]
旬太郎 2006/10/29/Sun 21:08
【安藤美姫】五輪惨敗から復活への道のり
完全復活のヒミツ→  [続きを読む]
相沢咲姫楽【相沢咲姫楽画像・プロフィール・私が私であるために】 2006/10/31/Tue 15:29
© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。