FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
キムヨナについての記事紹介。
ネットでキムヨナについての記事を見つけたので、紹介します。


キムヨナのショートプログラムの演技はすばらしいものでした。映画ムーランルージュのサウンドトラックの中のロクサーヌのリズムにのせたスケートは、完全にスペインダンサーの生まれ変わりでした。

テクニックに関しては完璧で、美しさに関しても充分な質がありました。すべての観客は茫然としました、世界中の人々もそうです。
ロサンジェルスタイムズのリポーター、フィリップハーシュは、「わずか2分45秒でしたが、息をのむような演技でした。」と書いています。

若いスケーターは、自分自身でも驚いていました。「時々スケートをしているとき、私は自分自身が演技に没頭していることを感じます。ショートプログラムの間ずっと、それは再び起こりました。」
彼女は、観客が興奮して熱烈に拍手喝采をしていることにも気づかなかったと言います。それはまさに彼女が自分自身を忘れ、エクスタシーの状態でした。

専門家は彼女をテクニシャンよりむしろアーティストだと考えます。
キムはいつも言っています「フィギュアスケートはアートに近い」と。
彼女の芸術的な質は、半分は生まれつき、半分は習得されたものです。
彼女の前のコーチKim Se-yeolは、彼女の美しさの可能性を見出した最初の人です。そしてそれを広げたのが、カナダの振り付けしディビットウィルソンです。

しかしながら芸術は、良いスタミナでバックアップされる必要があります。彼女が今シーズンを通じて、怪我に苦しんできたことを考えれば、ショートプログラムと同じような完璧さをフリースケーティングで予想することは、少々難しすぎたでしょう。

「私は夏の間、スタミナに注意しなければなりませんでした、しかしそうすることが出来なかった。私が一部分に注意していると、もう一つが痛み始めました。そして他のところを注意することができた時、もう一つの問題が起こりました。カナダでトレーニングをしているとき、私は持久力を高めることに専念していました、しかし東京へ出発するわずか2日前、私の尾骨が痛み始めました。私は歩くことも座ることもできず、そのことがスタミナを失わせました。私にとって本当につらい時間でした。


キムは、彼女がフリーの前のウォームアップの間、体が重いと感じ心配していたと言いました。彼女は2度、氷上で転倒し、少なくとも10ポイントを失いました。彼女の最終スコアは186.14で、安藤(195.09)や浅田(194.45)の両者に対し、間違いなく勝つことができたことを意味します。

彼女は最終結果についてどう思うか尋ねられると、彼女は「それは私にとって良いことかもしれません。もし私がシニアに上がった最初のシーズンでトップに立ったのならば、私は自分のポジションを守ることに神経質になるでしょう。私にはまだ多くのチャンスがあります。私はチャレンジャーであることを望みます。」と言いました。


それは本当に理解し難いことではありません。なぜなら彼女は完璧主義者として知られているからです。彼女のコーチ、ブライアンオーサーは「彼女は練習することとなると、本当に熱心で、私がやめるように頼まなくてはなりません。彼女は満足しないのです」と言いました。

彼女がすばらしい演技を追及することを強く望んでいることに同意していると、キムは「私に関しては、フィギュアスケートで他人に勝つことではなく、自分自身に勝つことです。私が満足するレベルに達するとことが、私にとって一番重要です。」と言いました。3月27日から始まる、名古屋、大阪、札幌の日本の都市でのメダリストによるエキシビションツアーのあと、4月1日にキムは帰国します。


An Exclusive Interview With Kim Yu-na



MARCH 26, 2007 07:13


Kim Yu-na’s short program performance was magnificent. Skating to the rhythms of El Tango De Roxanne, from the soundtrack of the motion picture Moulin Rouge, she was a perfect reincarnation of the Spanish dancer. It was an act so hot that one could have been surprised that the ice didn’t melt.

In terms of technique, it was perfect, and in terms of aesthetic quality, even more so. The entire audience was stunned and so were the people around the world. Philip Hersh, a Los Angeles Times reporter, wrote, “It was only 2 minutes and 45-seconds, but it was breathtaking.”


The young skater herself also said that she was surprised. “Sometimes, when I skate, I feel myself totally immersed in the performance. Throughout the whole short program, it happened again.” She said that she didn’t even notice excitement of the spectators fervently applauding. It was, so to speak, a state of ecstasy in which she lost herself.


Pundits regard her more as an artist than a technician. Kim also said, “Figure skating is closer to art.” Her artistic qualities are half innate and half acquired. Her ex-coach Kim Se-yeol was the first to unlock the aesthetic potential inside her. Then it was Canadian choreographer David Wilson who amplified it.


Art, however, needs to be backed up with good stamina. It was a little too harsh to expect in her free skate the same perfection as in her short program, considering that she has been suffering from injury for the whole season.


“I should have taken care of my stamina in the summer, but I couldn’t. When I took care of one part, another began to ache. When the other was taken care of, another problem happened… In my training session in Canada, I concentrated most on building up my endurance, but then my tailbone started to hurt only two days ahead of my departure to Tokyo. I couldn’t even walk or sit, and my stamina crumbled. It was really a hard time for me.”


Kim said that she had been anxious before the free skate performance, as she felt heavy while warming up. She fell down twice on the ice, losing at least ten points. Her final score was 186.14, which means that she could have won against both Ando and Asada, who scored 195.09 and 194.45 respectively, if it were not for the mistakes.


Asked about how she feels about the final results, she said, “It could be rather good for me. If I top the senior standings in my first season, I’ll only be nervous to defend my position. I still have lots of chances. I prefer to be a challenger.”


It wasn’t really understandable. She is known to be a perfectionist. Her coach Brian Orser once said, “She is so enthusiastic when it comes to practicing, that I have to ask her to stop. She just can’t get enough.”


While agreeing that she strongly pursues excellence, Kim said, “As for me, I figure skate not to conquer others, but myself. What is most important to me is that I reach a level with which I can be satisfied.” After some exhibition performances with other championship medallists starting March 27 in the Japanese cities of Nagoya, Osaka, and Sapporo, Kim will fly back on April 1.






スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。