FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今日は種目別1日目。
種目別1日目、男子は床・あん馬・吊り輪です。
冨田選手はあん馬と吊り輪に出場。
願いが通じたのか、今日のNHKの放送ではA得点も表示されてました。
わかりやすくていいです。

まずは床。
日本からは沖口選手と水鳥選手。
沖口選手はA得点は6.70と高いものの、経験不足?緊張?からか着地のミス連発で14.925でした。
ただ他国の選手のA得点と比べても遜色ないので、今後は完成度を上げていって欲しいな。
1位 イポリト選手(ブラジル)、A得点6.70 B得点9.45
2位 デフェル選手(スペイン)、A得点6.50 B得点9.45
3位 水鳥選手(日本)、A得点6.30 B得点9.35
やっぱり、A得点なのね、でも種目別は仕方ないか。
水鳥選手は、この大会本当に着地が決まってました。
本当に、床での銅メダルすばらしい結果です、おめでとうございます。

そしてあん馬。
1位 肖欽選手(中国) A得点6.60 B得点 9.70
  この結果には文句なしです。すばらしい出来でした。
2位 ベルキ(ハンガリー) A得点6.30 B得点 9.40
3位 スミス(イギリス) A得点6.50 B得点 9.10

4位 楊威選手 A得点6.20 B得点9.275
5位 冨田選手 A得点6.10 B得点9.225
3位以下の順位にはやっぱり???です。
3位のスミス選手はA得点の高さに助けられたというのはわかるのですが、楊威選手や冨田選手と0.12ぐらいしかB得点差がないのかって感じですね。あと完成度という点では、冨田選手の方が楊威選手よりも上なのでは?という感想でした。

最後は吊り輪。
冨田選手は8位(最下位とは書きたくない)です。
でも、これは仕方ないかな。他の選手、すごかったですから。
特に陳一氷(※氷はあて字)選手は、さすがスペシャリストと言うだけあって圧巻な演技でした。
1位 陳一氷(中国) A得点7.30 B得点9.40
2位 ファンゲーター(オランダ) A得点7.30 B得点9.325
3位 ヨブチョフ(ブルガリア) A得点7.40 B得点9.175
4位 タン(アメリカ) A得点7.30 B得点9.025
5位 カルモーナ(ベネズエラ) A得点7.00 B得点9.175
6位 楊威(中国) A得点7.00 B得点 9.150
7位 サフォシュキン(ロシア)TV放送なし、トータル16.075
8位 冨田選手 A得点6.90 B得点9.025

やっぱりA得点がモノを言う結果ですね。
でもこうやって詳細をみてみると、床やあん馬に比べて、吊り輪のB得点の評価が厳しいのがわかります。
完璧!って思った陳一氷選手でも9.40です。種目内でバラつきがなければ問題ないのかな?でも種目別はそれでもいいけど、団体や個人総合では人によって得意不得意があるから、バラつきがあってはいけないと思うのですが。明日の鉄棒と跳馬で再度、検証してみよっと。

とにかく、水鳥選手 床の銅メダルおめでとうございます



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

ほんと、あんなふうに得点表示してくれるとわかりやすいですね。
というか、「わかりにくさ」がよくわかった、というか…(笑)
A得点がはっきりしてみると、B得点で「えっ、そんなに引かれてたんだ…なんで???」って思うことが多かったです。
見た目「素晴らしい!」「完成度高い!」って思っても、B得点を見るとギリギリ9点台だったり…。
技が高度化しているため素人目にはわかりませんが、やはり細かい減点箇所が増えたということなんでしょうね。
でも、解説でも実況でも「思ったほど点が伸びませんでした」とか「どこを引いたんでしょうか」とかいう言葉が目立ちましたから、素人目じゃなくてもちょっと謎の採点だったのかな、とも思います。

しかしこれで、日本の体操も方向転換をせざるをえなくなってしまったかもしれませんね。
オールラウンダーはもちろん大切ですが、中国に勝つための「スペシャリスト」の必要性を痛感させられた大会でした。
オリンピックまでに少し軌道修正して、打倒中国!の最強チームを作り上げてほしいですね。その力は十分あるのですから。



blue cat | URL | 2007/09/11/Tue 01:28 [EDIT]
blue catさん
詳しい筈の解説者が首をひねるくらいだから、素人の私に細かい減点なんてわかる筈ないですね。blue catさんに言われて納得です。
それに各国のジャッジが同じような点数つけているのですから、やっぱりどこかに減点があるということですね。
スペシャリストの育成ももちろんですが、日本のコーチ監督さんはもう少し点数の取り方を研究して欲しいですね。

それにしても中国の強さが際立った大会でした。
この中国の背中を捉えるのは容易ではありませんが、ぜひとも頑張って欲しいです。
次は10月の全日本ですね。
真秀 | URL | 2007/09/11/Tue 15:06 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。