FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
NHK杯 男子SP・FP 音楽とレビュー
女子シングルもすごかったけど、男子シングルも見ごたえある演技でしたね。当初はランビエールの欠場でちょっと興味を失ってたけど、織田選手と高橋選手の一騎打ち、非常におもしろかったです。
ブログなんだから情報の羅列だけでなく、たまにはレビューも書いてみようと思います。
男子SP・FPの音楽紹介とレビュー。

Daisuke TAKAHASHI(高橋大輔)
(SP)Concert for Violin and Orchestra by P. I. Tchaikovski
試聴できるサイト→sample1
さすがにSPは強い。FPに較べて格段上の成功率です。
2つのレベル4のステップはいつもながらにすばらしい。
それに加えてよく着氷が乱れる3Aもこの日はクリーンなものでした。
(FP)Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
試聴できるサイト→sample1
高橋大輔でないような気さえしてしまうほど、この日のFPは気合入ってましたね。試合ではめちゃめちゃ成功率の悪い4Tも成功、しかも今までに見たことないくらいのクリーンな着氷でした。
でも、スピンに関しては今日はもう一つだなって感じたけど、スコアではレベル4が1つ、レベル3が3つです。多少減点されてるので、技術的にはOKってことかな。トリノの時の早いスピンが戻ってくれば、さらに上を目指せますね。終盤はバテバテでしたがレベル4のステップをキープして根性みせてました。


Nobunari Oda(織田信成)
(SP)Fly Me to the Moon by Frank Sinatra試聴できるサイト→sample1アレンジは不明。
そんなに悪い出来でもないと思うけど、織田選手自身は不満の残る演技だったみたいですね。終盤のステップで若干バランスを崩すも、締めのスピンはさすがの出来。負けず嫌いさが彼を強くしていくのねきっと。
(FP)Symphony No. 4 by P. I. Tchaikovski
「交響曲 第4番 へ短調 作品No36」の第一楽章。
試聴できるサイト→sample1
織田選手の演技もすばらしいものでした。現時点でのプログラム構成で出せるだけの最高得点に近いとも思える演技でした。
彼は、ジャンプのミスはもちろん、ほとんど減点のない演技が安定してできることが、大きな強みですね。
衣装を変えてきたのは正解だと思います。スケアメの衣装変だったから。あとは7・3分けの髪型何とかならないかな。
今だ流される去年のNHK杯大泣きのVTR、もう充分成長したのですから、そろそろやめてももらいたいな。


Takahiko KOZUKA(小塚嵩彦)
(SP)Art on Ice by Edvin Marton
Sarabande performed by Edvin Marton

Art on IceとSarabande両方、エドヴィン・マルトンの公式HPで試聴可能でです。下へスクロールして、アルバム「strings'n'beats」の14と15
です。トリノでのプルシェンコとの競演で日本でも有名になったヴァイオリニストです。
試聴できるサイト→sample1
コンビネーションの着氷でステッピングアウトするもロシア大会に比べれば上出来です。評価の低かったステップのレベル3で揃え、得意のスピンもレベル4です。
この日はスピードも申し分なかったですね。
(FP)Piano Concerto No. 2 by Frederic Choipn
試聴できるサイト→sample1
フリーも程ほどの出来です。本人は満足したみたいでガッツポーズ。
本人談にもあったように、後半の3Aがもっと確実入るようになるともっと点数も伸びてくると思います。
個人的にはもう少し表現力が増すといいのにと思います。
演技もコメントも優等生って感じでした。



Chengjiang LI(チェンジャンリー)(李成江)
(SP)A World without Thieves (soundtrack)
「天下無賊」サントラ。
試聴できるサイト→sample1
彼は、中国っぽい音楽、振り付けが好きですね。
いつものことですが、彼のSPは圧巻。なぜならSPは2分半しかないからです。しかしながら去年の成績が散々だっただけに久々の彼らしい演技をみました。
(FP)No Way Out by Shiger Umbeyashi
The Echo Game by Shiger Umbeyashi

邦題「Lovers」英題「House of Flying Daggers」のサントラより。
"No Way Out"" The Echo Game"、梅原茂の作曲。
試聴できるサイト→sample1
Dacoit Duel
Warriors of Heaven and Earth by A.R. Rahman

邦題「ヘブンアンドアース」華題「天地英雄」より
"Dacoit Duel""Warriors of Heaven and Earth "
試聴できるサイト→sample1
A.R. Rahmanのartist webpage(sony)で試聴可能です。
(上の方の"↓"で曲名をあわせる。)
SP同様、いつものことながらFPの後半は総崩れの演技。
この日は序盤にもミスしてましたが、かつて五十嵐さん(杉田さんだったかな)が、李選手が本田さんとライバルだったころ、彼は2分半なら世界チャンピオンクラスだと言っていました。
演技の時計が表示されてた試合で、2分半丁度から別人のように崩れたのでを見て納得したことがあります。
今日もそのパターン。前半の4回転、3A(今日は失敗)はクリーンでダイナミック。後半はその3Aさえ決まりません。
スタミナが問題なんだろけど、もう何年も同じことの繰り返しですからね。


Kevin VAN DER PERREN(ケビンヴァンデルフェレン)
(FP)Pirates of the Caribbean (soundtrack) by Klaus Badelt
試聴できるサイト→sample1
1位を取れば、ファイナル出場の可能性あったけど、レベルが違いましたね。彼のスケートはちょっと雑な感じ。
勿体無かったのは、4つもコンボ入れたこと。3+3+3しなければと強く思い過ぎたのでしょうか。(実際は3+3+2)
結果6位、5位のウスペンスキーとは5pくらしか差がなかったので、アレが単独ジャンプであればと悔やまれます。
過去にはプルシェンコも、コンボ4つというミス犯してるので、ミスを取り返そうとするとわかんなくなるのかな。


Alexander USPENSKI(アレキサンダーウスペンスキー)
(FP)The Godfather (soundtrack) by Nino Rota
試聴できるサイト→sample1
プルシェンコとは格段のレベルの差があるのに、何となくプルシェンコを思い出しちゃうようなステップでした。
私だけ?かな。ロシアっぽいすべりだから?ゴットファーザーだから?

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。