FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
体操 ワールドカップファイナル 1日目
WORLD CUP FINAL SAO PAULO 2006
体操、ワールドカップファイナル1日目。
1日目は、床・あん馬・吊り輪で。あん馬に鹿島選手、吊り輪に冨田選手が出場しました。
TV放送がないので、日本体操協会のレポートだけが頼り。


あん馬結果。
1 XIAO Qin      CHN 16.100
2 BERKI Krisztian  HUN 16.025
3 TENG Haibin    CHN 15.975
4 SELLATHURAI P   AUS 15.800
5 SMITH Louis    GBR 15.775
6 KASHIMA Takehiro  JPN 15.700
7 SELIGMAN Robert  CRO 15.525
8 KRYUKOV Nikolai  RUS 15.225

吊り輪結果。
1 CARMONA Regulo   VEN 16.300
2 VOROBYOV Olexander UKR 16.250
3 ANGIOLETTI Matteo  ITA 16.000
4 MORANDI Matteo   ITA 15.975
5 COPPOLINO Andrea  ITA 15.900
6 TOMITA Hiroyuki  JPN 15.825
7 TORKKEL Olli    FIN 14.825

床の結果。
1 HYPOLITO Diego   BRA 16.050
2 SHEWFELT Kyle   CAN 15.650
3 O’NEILL Brandon  CAN 15.625
4 UDE Filip      CRO 15.500
5 BOGONOSYUK Evgeni UKR 14.750
6 BOUALLEGUE Wajdi  TUN 14.425
7 WAMMES Jeffrey   NED 13.675

結果は二人とも、6位。
あん馬、中国、肖欽選手が16.10で優勝。アジア大会では落下して冨田選手が優勝しましたが、今回は貫禄の演技だったのね。
鹿島選手も、6位とはいえ15.700といういうと、いい出来だったのではないでしょうか。A得点が6.2ということなので、B得点が9.5もある。世界戦復帰としてはすばらい出来だと思います。
まあ種目別スペシャリストばかりなので、6位は納得。

吊り輪は、楊威選手、陳一氷選手は棄権。アジア大会では16.5点台だったから、出場してたら優勝ですね。
冨田選手は、A得点6.5から6.8に上げてきての演技。
少しミスがあったようなので、結果15.825でしたが、連戦で充分練習する暇もなっかったでしょうから、完成度を上げれば、来年は16.5くらい出せるかも。
中国の両選手はアジア大会でA得点が7点台だったから、まだ開きはあるけど、冨田選手なら、B得点で肉薄してくれると思います。

明日は冨田選手が平行棒に出場します。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。