FC2ブログ
スポーツ観戦中心、その他いろいろ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ロシア 国内選手権 男子の結果。
2007 Russian Nations Men's Result
今ごろですが、ロシアの国内選手権、男子シングルの結果です。
レビューはGolden Skateの訳です。
かなり意訳しているとこも多いので、話半分でみてください。
プルシェンコがいないとは言え、ロシアにも世代交代の波がきているようですね。

SPの結果。
1. Andrey Lutai ・77.20
2. Andrei Griazev ・70.93.
3. Sergei Dobrin ・70.45.
4. Sergei Voronov ・70.11.
5. Ilia Klimkin ・69.99.
6. Nikita Mikhailov ・65.70.
7. Alexander Uspenski ・64.84.
8. Vitalii Tretyakov ・64.33.
9. Konstantin Menshov ・63.93.
10. Alexander Shubin ・60.78.


"Golden Skate"より男子SPレビュー(上位だけ)
Andrei Lutai appeared relaxed and confident, delivering a solid performance which featured a triple Axel, a triple Lutz-triple toeloop combination, a triple loop, and very good spins and footwork. The 20-year-old placed first with 77.20 points.
"I'm pretty happy with my performance," said Lutai, adding that he may attempt a quad in the long program.

Andrei Lutai は、リラックスして自信のある表情で現れました。そして3A、3Lz-3T、3Loとすばらしいスピンとフットワークを特徴とする個性あふれる演技を見せました。20歳は77.20Pで、(ショートプログラム)1位につけました。
「私は自分の演技に満足しています」とLutaiが言い、フリーでは4回転を入れるかも知れないと続けました。

Skating with expression and good character to a Latin medley, Andrei Griazev fell out of the landing on a triple toeloop (in combination with a triple Lutz), but managed to save the landings on a triple Axel and a triple flip. Despite the mistake, the 2005 National silver medalist placed second with 70.93 points, showing marked improvement since his Grand Prix events.
"I felt good about the program except for the mistake on the combination jump," said Griazev. When asked if he would do a quad in the long, he replied: "I'll do whatever my coach tells me."

ラテンのメドレーに合わせた表現とキャラクターで演技したAndrei Griazev は3T(3Lzとのコンビネーション)の着氷で転倒した、しかし3Aと3Fの着氷はなんとかこらえました。2005年の国内選手権銀メダリストは、GPシリーズからはかなり改善された演技で70.93Pを獲得し2位につけました。
「私はコンビネーションのミスを除いては、演技について良かったと思っています」とGriazevは言った。フリーで4回転を入れるかについて質問すると「コーチがするように言えば何でもします」と返答した。

Sergei Dobrin stepped out a quadruple Salchow (in combination with a double toeloop) and but otherwise produced a triple flip and a good straight line footwork sequence. However, he opted to do a double axel as a required solo axel jump after all his previous attempts on doing the triple resulted in falls. He was third with 70.45 points.
"I could have done better," admitted Dobrin. He also confirmed that double Axel was intended and that he would also attempt a quad in the long.

セルゲイドブリンは4S(2Tとのコンビネーション)でステッピングアウトしたが、その他の3Fとストレートラインステップは良い出来でした。しかしながら、彼が以前に試みたトリプルアクセルで転倒していた為、彼はソロのアクセルジャンプをダブルにすることを選択した。彼は70.45Pで3位であった。
「私はよりよくすることができた」とドブリンは認めました。彼もまた意図してダブルアクセルにしたこと、フリーで4回転を試みることを確証しました。


FPの結果
1 Andrei Griazev 151.21
2 Sergei Dobrin 140.48
3 Andrei Lutai 139.94
4 Konstantin Menshov 131.79
5 Ivan Tretiakov 128.68
6 Ilia Klimkin 125.95
7 Sergei Voronov 125.19
8 Artem Borodulin 124.10
9 Alexander Kondakov 115.76
10 Nikita Mikhailov 114.59


"Golden Skate"よりフリーのレビュー。
Griazev skated a solid program which included eight good triple jumps - three of which were in combination with other jumps, as well as good spins and a very good level two straight line footwork sequence. The 21-year-old was awarded 151.21 points for his Notre Dame routine, placing first in the long and moving up from second to first overall to win his first senior national title (222.14 points).
Griazevは、8つの良い3回転ジャンプを含む確実なプログラムを演技しました、そのうちの3つは他のジャンプとのコンビネーションで、スピンやすばらしいストレートラインステップと同じくらい良いものでした。
21歳は彼のノートルダムのプログラムで151.21Pを与えられました。フリーで2位から1位になり、彼のシニアの国内選手権の初めてのタイトル
をもたらしました。
"The coaches are responsible for 90% of my success... well, ok, 80/20," said Griazev. "I am happy with the way I skated today. It was a long road to this success. The start of the season wasn't as good as I could have hoped for, but I never gave up. This success will give me confidence. I am sure I will skate better in future."
「私の成功の90%はコーチのおかげです、いや80対20かな」とGriazevは言いました。「私は今日の私の演技のやり方には満足です。この成功までは長い道のりでした。シーズン始めは私の望むようにはできなかった、しかし私は諦めなかった。この成功は私に自信を与えます。私は今後よりよいスケートをしていくでしょう」
Skating to music from The Mask of Zorro soundtrack, Dobrin opened with a quadruple Salchow-triple toeloop combination, but then did a three turn out of the landing of his quadruple Salchow and doubled a Lutz on a triple Lutz-double toeloop combination. He went on to execute a double Axel-double toeloop combination and two more triples, but fell on a triple Lutz. Despite the mistakes, the 20-year-old displayed good spins and footwork, placing second in the long (140.48 points) and maintained third place overall (210.93 points).
マスクオブゾロのサントラより。ドブリンは最初の4S-3Loのコンビネーションを決めたが、その後の4Sでは着氷で三回まわってまい、3Lz-2Tのコンビネーションではルッツジャンプをダブルにした。続いて、2A-2Tのコンビネーション、その他のトリプルを決めた。しかし終盤の3Lzでは転倒してしまった。ミスをしたにもかかわらず、20歳は、質の良いスピンとフットワークを披露し。フリー2位(140.48P)につけ、総合では3位(210.93P)となった。

Lutai opened his routine with a very good triple Axel, but then turned out the landing of a quadruple toeloop and stepped out of the landing of a triple loop. The student from St. Petersburg later doubled a flip, but otherwise produced a triple Lutz-double toeloop combination, a triple Salchow-double toeloop combination, and good spins and footwork. The 2006 Karl Schäfer Memorial Champion placed third in the long with 139.94 points, and with a total of 217.14 points, slipped to second overall.
Lutaiは、彼の演技の最初にすばらしいトリプルアクセルを決めました。しかし、その後4Tの着氷では1回転してしまい、3Loの着氷ではステッピングアウトしてしまった。サンペトロブルグの学生は、あとのフリップジャンプをダブルにしてしまったが、3Lz-2Tのコンビネーション、3S-2Tのコンビネーション、スピン、ステップはすばらしい出来でした。2006年のKarl Schafer Memorial チャンピオンは、フリーを139.94P、3位で終え、総合でも217.12Pと2位になりました。
"I am satisfied with my performance," said Lutai during a press conference. "I landed the difficult jumps first, but then got too relaxed and missed a number of easy jumps. But I was able to pull myself together and finish the program strong." He added that his coach (Alexei Mishin) was a bit disappointed. "He [Mishin] did not expect me to loose concentration like that."
「私は今日の演技には満足しています」とLutaiは記者会見の場で述べました。「私は最初の難しいジャンプできちんと着氷しましたが、そのときリラックスしすぎてしまったため、簡単なジャンプでミスしてしまいました。しかし、このプログラムをこなしたことは私にとって自信になります。」ミーシンコーチが少し失望していた為、Lutaiは付け加えました。「ミーシンコーチは私がこのように緊張を緩めるとは思ってもみなかった」

最終結果
1 Andrei Griazev 222.14 2 1
2 Andrei Lutai 217.14 1 3
3 Sergei Dobrin 210.93 3 2
4 Ilia Klimkin 195.94 5 6
5 Konstantin Menshov 195.72 9 4
6 Sergei Voronov 195.30 4 7
7 Ivan Tretiakov 193.01 8 5
8 Artem Borodulin 184.79 11 8
9 Nikita Mikhailov 180.36 6 10
10 Vladimir Uspenski 173.88 7 12


NHK杯にも来たアレキサンダーウスペンスキーはSPでは7位に入ったものの、FPでは名前なし。ということは棄権したのかな?
4回転を決めた選手が上位に来たロシア選手権。
世代交代中とはいえ、3年後のバンクーバーでは楽しみな選手に育ちそうな予感。
日本の男子もメダル取るならやっぱり4回転必要だよね。



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたに逢えた幸せ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。